ランチ 千取 新色 と 販売日の紹介!!

お待たせしました!
新色 ランチ-千取- の完成でございます


R0016667.jpg

今回の新色はこの3色です
では、早速各カラーのご紹介です!








ランチ 千取 【プレデター】
R0016655.jpg
お馴染みの摩訶不思議なマジカルカラーのプレデターです
このカラーはアメリカンクランクでも馴染みのあるカラーですが、私の作る千鳥アクションルアーとの相性が妙に良いのです。未だにそのカラー効果を理屈でご説明出来ませんが、このカラーしか利かない状況は確実にありますし、普段使いでもOK!低水温時・低酸素時のシンとした諦めざるをえないフィールドでの起死回生の一色です。
R0016660.jpg R0016661.jpg







ランチ 千取 【スゲーシロ】
R0016656.jpg
白をテーマにしたスゲーシロカラーの千取バージョンです。
実釣向きカラーですね!ハイアピール万能カラーと言っても良いかもしれません。
白の効果をそのままに、更にピリッとした反射効果を足す為に反射系パール色を重ねております。カラー構成は今回同時販売するロウナススゲーシロと同じです。釣行時、釣り人からの視認性が下がるのが嫌なので背中もシロ。腹もシロ。キャストもキマるし、ヒットの瞬間もバッチリ見える!これ楽しいネ!
R0016659.jpg R0016658.jpg








ランチ 千取 【ピカチャート】
R0016654.jpg
完全なる蛍光イエローカラーです!蛍光イエローに黄色を足したり白を足したりせず兎に角蛍光イエローのみの目に優しくないギャンギャンのチャートカラーです。じつはランチでは今までこの蛍光イエローカラーの制作を控えていたのですが、自分の作るルアーとイエローチャートの相性を、去年静かに研究をしていたのです。その成果がこのカラーとして形になりました。
去年色々な状況のフィールドでイエローチャートを試したのですが、やはり茶濁り系の水で定説通りカラーによる釣果効果を感じることが出来ました。私の感覚ではこのイエローチャートを茶濁り系の水で使用すると、濁った水の色に逆らわず黄色味を自然に溶け込ませながら蛍光色だけ濁りの中でも通すという感じで、ナチュラル且つアピールもできるこれぞ茶濁りマッチングカラーという印象。ある程度濁りの入っている状況では魚の警戒心は薄れ釣果チャンスが格段に上がります、そんな状況を逃がす手はありませんからね。カラーマッチングというのはいかに重要かということを実験中に何度も思い知らされました。
因みにカラーマッチングという観点で考えると私的には茶濁りが強い時は蛍光イエロー。濁りが弱ければ金系色という感じです。
R0016662.jpg
ランチ千取は従来のランチよりも低速時もアクションのキレ・ピッチが向上しているのでイエローチャートカラーを実装しました。私の研究ではイエローチャートというカラーは、よく動くアクティブなルアーに塗装したほうがこのカラー特有の効果を得られるようです。こと千鳥アクションにおいては。
R0016663.jpg
今回、ピカチャートはスローシンキングタイプもご用意しました!ランチ千取は潜行深度があまり稼げないシャロー向きのクランクなのでスローシンキングでも使いづらさは無いと思います。スローシンキングタイプの特徴は、よりネットリジットリゆっくりねちねちスローに!!低速リトリーブの強みをより強化したアクション設計です。低速なのにとてもよく動きます。千鳥アクションはウォブルやロールというルアーの基本的なアクション意外に、進行軸を左右に振らすという第三のアクションがあるのでゆっくり巻いてもルアーは瞬間的早く動くというのが強みになっているアクションなんですよね。

ヤフオク出品時は商品タイトルに フローティングタイプは無表記 スローシンキングタイプはSと表記します。

ランチ -千取- 
各色 販売価格 3200円(フック込)


R0016667.jpg
R0016619.jpg 

販売日は
今週の土曜日 2月11日 夜11時からです!
ヤフオクでの販売となります。
先日紹介したロウナスの新色も同時に販売致しますので
よろしくお願い致しますm(_ _)m









朗報!ランチ セントリ ディープレンジ対応!?

昨日丁度寒波が到来したのでちょっとしたテスト釣行をしてきました。

皆様!朗報です!!
ランチアクションを
ディープレンジで発動させられることが判明しました!

しかも、皆様のお手元にあるランチ千取を無改造でそのままディープレンジで使えて!!
さらに飛距離もグ~んと伸びます!!!



やり方はいたって簡単。いつものタックルにこのリグを付けるのです
R0016588.jpg 
黄色い部分が今回紹介するリグ部分
このリグはすでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、私がランチでも使用できるのかを検証してきました。

リグ部以外は私のいつものタックル内容です。いつもの釣行スタイルにワンタッチでこのリグを付けられるか?というのが私には重要なことなので、あらかじめリグを作っておけば、現場ではスナップを使用して連結して直結び無し!というのもポイントです。


オモリ周辺の内容
R0016549.jpg R0016550.jpg R0016551.jpg

ナス型オモリ 3号 11.25g
適当なスイベルとスプリットリングで連結
リグ重量 11.45g

R0016552.jpg 
リーダーナイロンは25lb
勝手にデリバリグと命名w
今回のテスト釣行ではリグのリーダーをフロロタイプとナイロンタイプを用意しましたが、ナイロンタイプが良かったです。リーダーナイロンは極太25lbを使用したのですが、これが功を奏したのかリグ絡みは少なかったです。

私は手持ちの8フィート?のシーバス用ライトアクションロッド ダイワ シーホークを使用しましたがそこまで投げづらさは感じませんでした。ショートやノーマルな長さのロッドでは相当に投げづらそうだとは思いました。

気になるランチ自体のルアーアクションの質感ですが
リグ無装着時ランチアクションを 100点 とすると
リグ装着時のディープレンジランチアクションは 88点 (この数値は十分に釣れると言って良い数値レベルです)




■使用方法
キャストは長めの竿でリグが絡まにようにキャスト。着水後にラインとリグが絡まないようにカーブフォールを意識してリグを着底させます。本来、セントリは6g程度のルアーなのでそこまで飛距離は出ませんが、リグを装着すると当然リグのウエイト分の飛距離も追加されます。当初は飛距離を期待してこのリグを試したのでは無かったのですが嬉しい誤算でした。私の感覚ではキャストが上手く決まればビッグランチ程度の飛距離が得られました。リトリーブ時はヘビキャロのようにのオモリをボトムコンタクトさせながらズルズルと引きずるのでは無くて、オモリをボトムからちょい浮かせ状態で巻き続けます。オモリを引きずるとルアーがボトムコンタクトし続け、藻やらゴミやらをすぐに拾ってしまいます。リグを装着していても手元にはブルブルと微弱ながらルアーがアクションしていることが伝わってくるので、正常に作動しているかのチェックは出来ます。リトリーブスピードは通常時と変わりません。逆にこのリグを装着すると水深がある程度以上無いと上手く動きません。水深があればあるほど操作性は楽になりました。ただ、本来ランチが持っている極上の対ストラクチャー性能は落ちます。ですが極端にストラクチャーにかかりやすくなるという訳でなく、リグのウエイトとボトムの距離を把握してやりながらストラクチャー付近では少し浮かせ目でリグのウエイトがストラクチャーに軽く触れる程度ならば使用okかと思います。注意しなければいけないのはむしろ、ピックアップ時の足元にある倒木、枝等です。オカッパリからだとこれら足元のストラクチャーに妙に引っかかります。




あの5センチボディーから発せられるランチアクションを、飛距離を出したうえにディープレンジで発動させるこのリグ、実際使ってみると・・・エグいよw因みに今回テスト時にアタリは一度出せたのですが、ドラグが激ユルだった上にロッドポジションが立ち気味だったのでアワセきれませんでしたが、これぞ私の腕のなせる技でしょうw

テスト時にリグにセットして試してみたルアーは セントリ ロウナス ミニランチ です。
ロウナスは、今回のリグではあまり上手く動きませんでした。ロウナスは元々潜行力がある方なのでそこら辺が原因か?
ミニランチは、シンキングタイプだったので上手くいきませんでしたが、ウエイトの重量変更やフローティングタイプのミニランチは使えばあるいわ。
もしもミニランチでこのリグを使えたらと思うと・・・・グヘヘ(^q^)(汚いなんて言わせない!釣ったモン勝ちや!!)
今回リグに使用したナス型オモリ3号は適当なチョイスだったので、もっと軽いオモリに変更すればリトリーブ時の操作性も変わってくるかもしれません。



以上のことはまだ一度のテストから得られた極浅い情報ですので、リグに更なる最適化ができる点はまだまだあると思います。しかし、ほんと試してみるものでした。思っていたよりもストレス無く、メリットの多い釣りが展開できそうですよ!
尚、今頃気づいたのかOkabassちゃん!もっとこうした方がイイぜ!な情報も待ってます。




ルアーの斑点 斑紋 って 型プレート作成

セントリのスゲーシロカラーとフル蛍光イエローカラーを作ろうと思って
一応、斑点のテンプレを作っとこうと思います



念の為、ロウナスの斑点テンプレも作っておかなきゃね。
ロウナスのスゲーシロバージョンも作りますか?良さそうだよね!

この斑点はどういう意味があって、またはどんな釣果効果があって付けられる風習が出来たかは
定かではないが、間違いなくもっと釣れる様にという願いはこもったものだと思う。

因みに今回私が斑点を付けようと思う理由はルアーの動作チェックがより明快に出来るようにです。
スゲーシロ等の単色カラーはいまいちロールアクションがどれ位起きているか目視で確認しづらいですかれね。
コレくらいのリトリーブ速度でコレくらいのアクションが出ているということを把握することももっと釣れるように!への工夫なんでしょうね~

| NEXT>>

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nishine Lure Works Beatour M7 / ビーツァM7
価格:3078円(税込、送料別) (2017/5/29時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デプス ブルフラット 3.8inch deps BULL FLAT
価格:864円(税込、送料別) (2017/5/29時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】ハリミツ 墨族ツツイカSP 2.5号 VE-22
価格:864円(税込、送料別) (2017/5/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミスウィック ラトリンログ ARB1200
価格:1080円(税込、送料別) (2017/5/29時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル ビンビンスティック HS BSS-HS610ML-ST
価格:30931円(税込、送料無料) (2017/5/29時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【マドネス】ジャイアントベイト バラム300 BALAM300
価格:12420円(税込、送料別) (2017/5/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ 限定カラー(ネオントリコロール)
価格:7290円(税込、送料別) (2017/5/29時点)