硬派?柔派? セルロースセメント種類・強度・インプレ・考察

ルアーの自作には欠くことのできないセルロースセメントについての話
このネタはルアービルダー以外には興味ないことでしょうね~(笑)
なのでこれからルアーを自作したい人や、すでに自作している人で
セルロースについて興味のある人に向けての話です。



セルロースセメントには、乾燥後の仕上がりが硬い性質を持つ商品と、
逆に柔らかい性質をもつ商品とがあります。
まずは参考にその両極にある製品を紹介。
もちろん今回紹介する商品以外にもセルロースセメントはありますが
今回は私が実際に使い込んでいる商品で説明していきます。


硬いコート層 代表はナガシマの製品



柔らかいコート層 代表はアクセルの製品 UVカットの成分入り




塗装に対して呪縛的問題点 強度!!
柔らかいセルロースと硬いセルロース どちらが強度が高いか? どちらがもちが良いか? 
ということが気になりますが

これはルアーの使用用途によるところが大きいと思います。
というのもルアーはケースの中に飾っておくものではなく使用目的なので
使用条件に合わせる事がそのルアーにとってのルアー強度につながるのではないでしょうか?



大雑把に言うと、
アクセルの柔らかいセルロースは対トラウト用のシングルフックをセットするミノーに最適ではないかな。
小型の渓流用のルアーですね。

ナガシマのセルロースはその他のルアー全般に使えます。
つまり、一般的な感覚でいうと使い勝手がよいのはナガシマの商品ではないかと思います。
アクセルの商品でもトラウト以外に使えないというわけではありませんよ。
アクセルの製品特徴を一番上手く利用できるのはトラウトという話です。

ちなみにナガシマの商品はウレタンコートOKですが、
アクセルの商品はあまり向いていません。むしろウレタンコートの持つ特性の「乾燥後も若干柔らかい」と
同じ特性をアクセルももっているのでウレタンでコートする必要がありませんし、
ウレタントップコートの下の層が柔らかければ
衝撃が加わったときにトップの層が剥離しかねないですからね。
ウレタントップコートをするならカチカチ下地のナガシマでいきましょう!!






各商品の実際に使用してみえてくる特徴
(赤はアクセルの商品説明 青はナガシマの商品説明)

アクセルのセルロースセメントは完全乾燥後も爪でグイッと(結構強めに)押すと跡が残り
しばらく経つと凹みは戻るような質感に仕上がるのが特徴です。


ナガシマのセルロースは薄く硬い層を形成するので爪で押しても跡がつきづらく
跡が着いたとしたら戻りません。



ドブ付けの際の感触

粘土がほんの少し高く(トロリとしている)一回のドブ付けで形成されるコート層も分厚いです。

粘土低め(その他の製品と比べても標準的かな?) 薄く層を形成します。
バルサ等の削りだしたルアーの1回目のどぶ浸けの際に1日程度漬け込むとセルロースが木部によく染み込みます。
浮力を損なわずに強度が上がるのでオススメです!




塗装との相性(流れ出し問題)

セルロースの成分が薄めなのか、塗料に2~3滴リターダーを混ぜておいて
ドブ付けの動作をゆっくりと(入れて抜くの一回の動作を30秒位かける気持ちで)すると、ほぼ塗料流れしません。

セルロース成分が濃いのか、同量のリターダーを混ぜて同様の作業スピードでやっても、どうしても塗料は流れます。
しかし、ラッカークリアーを吹きつけては乾燥させてを5回くらいくり返してラッカー層を事前に作っておけば流れ出しを抑えられます。


↑私が愛用しているリターダー
セルロースを溶かす成分です。なのでアルミ箔を接着する時なんかも使います。
セルロース系の塗装には色々使うことが出来るマストアイテムです






なんとなくそれぞれの特徴が見えてきたでしょうか?
ナガシマのセルロースは凡庸として、オールラウンダーとして使って間違いありません。
アクセル等の柔らか系のセルロースの話をもう少しします。

柔らかい塗膜のメリットとは?
それは耐衝撃性ですね。ようするに岩などにガツンとぶつかった時のクッションになってくれるのです。

柔らかい塗膜のデメリットは?
よく動くルアーにできるフックサークルは、この柔らかな性質をもつセルロースでもできてしまいます。
あのフックサークルはトリプルフックを使用しているとすごくできやすいのですが、シングルフックの場合かなり酷使しないとできません。
トリプルフックを使用し、そのルアーがよく動くものだと時々柔らかいコート層にフックがプスッと刺さることがあります
その穴自体は小さなものなのですが、穴がいくつもできていくうちに穴と穴がつながってコート層の破損の原因になることがあります。


アクセル商品の特徴的なUVカット仕様についての考察
アクセルのセルロースはUVカット仕様なので、変色やルアーの経年劣化対策になります。すばらしい!
しかし、UVカットの成分自体がセルロースの成分からしてみると不純物になるので
純粋なセルロースという成分としては弱さがでるかもしれません(余計なものがはいっているのですからね)
なので若干粘土を高くして1回のディッピングによるコート層を分厚くして、
薄くて硬い層を形成させるのではなくて、あえて柔らかい層を形成させてそういった問題をクリアーしたのかもしれませんね。
まぁ、といっても心配するほど柔らかくてすぐにボロボロになんて当然なりませんからね(笑)
むしろ、品質の高さには目をみはります。
結局言いたかったことは、アクセルはこの問題をうまくクリアーしているので使用目的を合わせてやれば
すごく良い塗膜が作れるということ。

最近ではケイムラ塗料というものがありますが、あの塗料は紫外線に反応して光るので
紫外線をカットしてしまう商品でコートしてしまいますとせっかくの発光効果が薄れてしまうでしょね。







総括(゚∀゚)~
この2種類のセルロースの理想的な使い方は
下地としてナガシマでの1日漬けからはじめて、ある程度の回数のドブ浸けをして好みのセルロース層の厚みを作り
塗装を施す。最後に塗装流れのトラブルの少ないアクセルでドブ浸けをしてフィニッシュ。なのかな?
と現段階では思っています。

じゃあ、ナガシマを使っていって最後はウレタンコートでフィニッシュでも良いのでは?と思うでしょ??
それでも良いかもしれないがセルロースは呼吸する性質があるので
せっかくなら最後までセルロースで仕上げることにより
塗膜を呼吸させて長持ちさせてやることができます。
この性質を上手く管理さえすれば200年は余裕で持たせる事ができるのです!!
昔の映画のフィルムがセルロースだったのもこの長持ちさせることが出来るためです。

まぁ、そこまでルアーをロストさせずに使い続けることができるか?更には200年経てば絶対に
命をロストしている。ということはさておき(笑)
ウレタンでトップコートしてしまうとセルロースは呼吸できなくなるし
発生したガスの影響でウレタンにクラック(塗装割れ)が発生してしまいます。
セルロースは呼吸の際にガスを発生させます。何年も密封すると窒息して死にます(劣化する)
あとセルロースは涼しい場所が好きです。高温多湿の長期保管も厳禁です。
なんだか材料学的な話になるのでやめます(´・ω・`)

ということで、実は最強に見えるウレタンにも弱点はあるのでした~。
ルアーは消耗品と考える人には関係ないですけど、どうせ自作するなら愛をもって作って
逝きたいものです


今後まだ試したことのないセルロースも手を出して行きたいですね。





その他のセルロースセメント





いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

年末だ!極寒の今売れているルアーランキング TOP5




沈黙気味のバスを確保するには冬は実はルアーの選択が楽かもしれませんよ!
今回紹介する売り上げトップ5は年末のお楽しみ福袋の他、
今の時期にはやっぱりコレか~というのがマルッと分かってしまうラインナップです。





楽天売り上げ TOP5


1位

この時期はやっぱり福袋!ワクワクが止まりませんな~




2位

ペニーサックはトップウォーターに見えるけどミノーなんですってッ!!





3位

みんな大好きメガバスの投売りプライスでお得な福袋!
毎年恒例です。
今回は3種類の福袋があります
        






4位

こちらもメガバスの福袋
福袋はすぐに売り切れになってしまうので気になったら早めにチェックしといたほうが
良いですよ~





5位

一年間酷使してきたルアーの労をねぎらってリペアしてやるもヨシ!
来年用に自作のルアーを作るもヨシってことでランクインですかね
寒い冬は暖かい家で春に備えて、コソコソと来年の武器を揃えましょう。







ナチュラム売り上げTOP5


1位


冬から春にかけてはコレが効く!の決定版か?!




2位

やはりコレ系のハードプラグを一つは持っておきたいですね。




3位


3位&4位独占です!
この時期にトップウォーターが入っているのは
このルアーがこの今効くのでしょうか?!

4位






5位

この商品は楽天でのルアー売り上げ第6位にも入っています
こんなに完成度の高いルアーを出しちゃって、
来年のこの時期はもうジャッカルさんはネタがないのでは?と心配になるほど欲しいアイテムです!




番外編~
16位&17位&18位を独占!!

デプスのローファイ的なコンセプトかな?
個人的にはローファイはかなり武器になる釣れるルアーだと思っているので
そのリアル系だとすると冬にはもってこいな気がしたので紹介しときます!








ビックルアーがランキングに入っていないのが
意外な結果でしたね。
今の時期はホントにシビアなんでしょうね~コンパクトなサイズのシャッド系が
ランキング上位を占める結果になりました。
この時期は信頼できるランキングの上位商品で攻めるのがアンパイなんでしょね~(笑)




いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

増原池 改め ピンクローター池

増原池
IMAG1684.jpg
なぜかピンクローターがやたら落ちている。
現在減水中で池を一周できるのだが、周囲を釣り歩きながらふと目に入っただけで4つは落ちていた。
未使用品なのか使用後なのかは定かではないが残念ながら ブルル~ と動き出すことはなく

錆を吹いている。  吹いている。。。


ピンクローター池ではもちろんピンクローターが釣れるIMAG1456.jpg 
見事釣り上げた一匹 レアな外道!




今週に入って気温が例年レベルに戻ったけれど、暖かくなる前に釣行に行ったため
この池に流れ込む排水周辺はこのありさま。 
IMAG1682.jpg 
フリーズ!
IMAG1683.jpg



この日は寒かったです。
結局このピンクローター池(増原池)では ワンピンク ノーフィッシュ。
しかし、2バイトもらった。

減水時の冬季はこの場所と私は相性が悪いらしい。
自作のシャロークランクをひたすら引き続ける釣りでは歯が立たない。

それでも貰った2バイトは池に向かって倒れこんでいる、この池で一番大きな倒木の下にピッタリと着いていた35cm位のバスだった。
このバスはチェイスしてくるのだけれど最後の最後、ルアーをピックアップする足元水面ギリギリで超ソフトにパクリ
いや、 『パフリ』 とか 『モフリ』 といえるぐらい弱弱しいバイトをして来るのだけれど
あまりに接近しすぎていてフックアップが難しい。。おそらく2バイトともこのバスだったんだろうな。

ワームの上手な方であれば 【点】 での釣りでいけるんじゃないかな??


同行していた兄も岸際にいたサイトで確認できたバスに対して
ナイスコースにルアーを通したけれど最後に『モフリ~』とアマガミされてフックアップに至らず。
む~。最後の最後にもっと溜めを作れということか?


バスが浮いていれば自作のルアーで釣る事はおそらくできるだろうけれど
全然浮いていないのであろう。倒木以外の場所ではうんともすんともだった。





この日は、寒かったのもあるだろうけれどいつもと違う点があった。
それは、池の南側にある水を動かしている水中の巨大な装置が2機とも停止していた事
この南側のポイントでは大抵の天候や気温でも必ずと言っていいほど釣果があがっていたのだけれど
全く無反応になってしまった。。

ピンクローター池を攻める際には、まずはこの装置の稼動をチェックをすると良いかもね~




そして、この池を離れて

別の池にて、子バスを4匹

reup1.jpg 
*誤った画像掲載しておりました。ご指摘ありがとうございました*



自作クランクテスト釣行を始めて今回までなんとかボウズを免れてきましたが
そろそろやばそうです。。。

今後ボウズになったら見てくださってくれている方のためにも池の状況報告は忘れませんが
自作ルアーについても解説していこうと思います。






あなたはこのピンクローター池でローターを何機発見できるかな!?


そして、ふと。
今まで釣ったありえない外道をみんなで報告しあうのも面白そうだな~と思い。
自慢の外道(ゴミ、魚含め釣り針にかかったなら何でもOK!)がありましたら気軽にコメントくださいな!!






いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

初雪釣行

爆弾低気圧の中、行ってきましたよ!!


自作のクランクの材質を粘土からバルサに変更して
試行錯誤していましたが、ようやく形になり 最終テストへ。


さらに、今回はNEWロッドの試し釣りもしてきました。
NEWロッドといってもすでに廃盤になっているロッドですのでもちろん中古で手に入れました。


今回購入したロッドは パームス フレイム 
真っ赤なグラスのスピニングロッドです
IMAG1672.jpg
アクション的にはライトぐらいかな?
よりクランクキングに特化した装備となりました。
ほどよくシャキッとした張りがありながら粘りのあるグラスロッドで 大満足です! 

IMAG1673.jpg


なぜ急にロッドを購入したかと申しますと
黙っていましたが・・・・長年使ってきたロッドは、前回の釣行時に逝きました。。。

ありがとう。 そして お疲れ様でしたorz








さて第一ポイントの種松山に。
ポイントに着くと、空から何かがちらほら落ちてきている。




なにかの種かとおもったら  


まさかの雪です。さすが爆弾低気圧。
雪が降ってる。。。。。。  +  風が強い。。。。  =   めちゃくちゃ寒い。
今年一番の冷え込みです。



この寒さでの釣行なので釣れないか?と若干心配したが

自作クランクで 冷え冷えバス キター!
ジャスト40cm
IMAG1670.jpg 

IMAG1671.jpg 

NEWロッドでの一匹目です グラスはソフトバイトを逃しづらいとか。
ロッドが粘りのあるしなりをみせるので足元でのバラシも軽減です。





次はノリーズのクランクで 35cmの冷えバス
写真 111 

写真 22
やはりこの時期は魚は沈んでいますね~。自作はシャロークランクなので
フォローでDEEPレンジを引けるクランクは必要です。




池の水位が上がり、もう 池一週ができなくなってしまった。
池を半周したところでポイント移動


IMAG1680.jpg
名前不詳の池  
鴨が羽を休めているところにおじゃましました。
この池は以前一回だけ行った事があってその時は、数はそこそこ釣れたのですが
こう寒いとダメですね~ 

む~  厳しい。




やっと一匹。
タイトにストラクチャーに着いていた子です
自作ルアーを丸呑みバイト!30cmちょいのバス
IMAG1677.jpg 

IMAG1679.jpg 





今回はこれにて終了~!



今回のルアーテスト釣行にて 自作バルサ シャロークランクベイト 
アクション(ルアー設計)の完成です!!!!


IMAG1681.jpg 
あとは、カラーとデザインを決めるだけですね。 
あと、名前もか!
春先には皆さんのお手元に届けられるように慎重に完成を急ぎます





いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


冬の釣りの必需品 防寒手袋 フィッシンググローブ 一番使いやすい商品は?

冬の釣りの強い味方 手袋!!

ただ、手袋がごわついたりしていると
ルアーフィッシングの場合キャストの時やリーリング、ロッドを持つ感覚が
大きく変わってしまって結構ストレスになりますが、手袋なしじゃ釣りもままなりません。。

今回は暖かくてストレスの少なそうなフィッシンググローブの紹介です。








まずは、一番きになった商品

この手袋はヘラブナ釣り師に向けて開発されたものみたいです。

へら釣りは、経験者ならわかると思いますがかなり手を使います。
竿を繊細に操る必要があることはもちろん、練り餌をいじったりするので
なんならルアーフィッシングよりも手を使う釣りかもしれません。

へら釣りはずっと座ったままで体を動かさないので体は温まることはありませんが
この手袋は、だまっていても遠赤効果でポッカポカです。
しかも、汗をすぐに逃がす構造だからヌルヌルしたりもしませんね~ いいですね~!

見た感じも手袋自体も薄手でできていて、ごわつかなさそうです。
へら師は釣り道具にこだわりますから、品質の良さも期待できます








次は、コストパフォーマンスの高い手袋


この商品は実際着用してみましたが、かなり薄い素材でできていて
ロッドを握った感覚の違和感は少なさそうです。









さらに素手の感覚を敏感に残したい方は これ!

見た目のカッコよさも最高ですが、防風性と保温性も最高です!
ごわつきからくる違和感が気になる方はこの手袋が一番よいかもしれませんね









指は切れていませんが、暖かさは抜群だしフィット感はピカイチ!

伸縮性も高く凄く薄手にできています
アウターグローブのインナーとして使うのが一番よさそうです。







厚手のグローブ

これは私も持っています。
親指と人差し指、中指の先端にスリットがあってそこから指先を出すことが可能です 
指先を出すときはグローブの先端は折り返してマジックテープで留めておけます。

すべり止め効果が高いのでロッドを振ってもすべりません
素材はウエットスーツみたいに分厚くてまったく風は通さないです。
繊細な釣りには向きませんが、自転車なんかの走行時には最強です!!
インナーグローブを装着しないと、少し蒸れますがタフに使っていけます。









タフ素材なうえ薄手で一番実用性が高いかもしれませんね


釣具店でもよく見かけるおきまりなタイプですね
性能も信頼できそうですね!




いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

12月の野池釣行  今更DEPSローファイ 初導入!

12月に突入です
正直 寒くて。釣りしていて手の感覚はなくなっています




しかし、行きます!!




ポイントに到着~。


早速 車外へ  
!!!!!!
ガクガクブルブル((;゚Д゚))ガクブルガク





。。。。今開けたばかりの車のドアを閉めて 車内に戻り暖房にあたりなおす(笑)

ほえ~ 車あったけ~~♪       外さむ~い











きをとりなおして
早速!!




まずはいつものように自作クランクHIT!!
写真 3 (1) 

水温もますます下がっている状況ですがまだまだ自作ルアー釣れてます!
2匹目! 
写真 1 (1)  
写真 2 (4)
一匹目とほぼ変わらないサイズと体色です。
こころなしかバス君も寒さでキリリとしたお顔ですな~。

これからもっと気温&水温が下がっていきますが低水温にも効くか調査が楽しみです。





次は、市販クランク ノリーズのお品です
写真 2 (5) 

ノリーズのクランクシリーズはこいつが傑作だと思います!(たまたま買ったのがよく釣れるルアーでした 笑)









んで、今回 新たに購入してみたDEPSローファイ(小)を使ってみました。
【デプス】スピンローファイ

【デプス】スピンローファイ
価格:2,310円(税込、送料別)


前々から気になっていたルアーです。
このルアーはアクションを付けても動きますが
メーカー側のこのルアーのコンセプトはノーアクションのスローリトリーブ!!
こんな見た目でゆっくりとしただだ巻きで大丈夫?とおもいましたが
ルアーは見た目ではわからないからね!


DEPSさん なにやら目論見があるのだろうと
いわれるままにデットスローで巻き巻き。。。






ホントにゆっくりと巻きます。。。。。










寒さが身にしみます。。。。。











巻き。。         巻き。











普段からワームでネチネチやることすら嫌いなので正直退屈です。













はぁ、寒い。。
手元に水中のルアーの動きを感じられないので実感もまったくなく。。。。
とにかく、ゆっくりを心がけて巻~き 巻き。













巻き    巻            ゴン!!!


写真 4 (1) 

写真 3 (2)

スゲー !!!!!!!!!
面白いルアーだ♪


ふ~む。このルアー実に不思議だ
 


ふ~む。そうか!


アクションさせずスローで巻くことで ものすごくナチュラルな水流を起こす
それがこのルアーの鍵とみた!!

異様なまでの大きさのテールが、ルアーが起こした水流を実に自然に あ~だこ~だするので!!


いや まて、
結論を出すにはもうちょっと使い込む必要がある
とにかく
これからの時期には結構使えそうです
このルアー 聞くところによると ドクリアーから 濁り まで、水質選ばず魚が寄ってくるとか。
楽しみ~



いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


良品クランク ノリーズの ワーミングクランクショット DEEP 

私が使用している市販クランクで好調なクランクが

ノリーズの ワーミングクランクショット DEEP です

写真 2 (3)



このブログでも以前の釣果報告にも市販品のクランクとして唯一かな?度々登場しています。

アクション的には、ストームのウイグルワートやラパラのラトリンファットラップみたいな
ブリブリとしたウォブリングなのですが、そこまで激しいブリブリ感ではなく丁度よいのです。

リトリーブスピードを落としてもしっかり泳ぐすぐれものです。

よく クランクベイトの評価基準としてブリブリとしっかり泳ぐのが とされますが
しっかり泳いでいても釣れないクランクは釣れなかったりしますからね。。
しっかり泳げばいいだけじゃないんでしょうね~
なんとも表現しづらいですが、とにかくこのルアーは釣れるアクションがでているのでしょうね。

写真 (6)
子バスも高反応です。


そしてノンラトルなのがよい!
プレッシャーの高いポイントだと、大きかろうが小さかろうがとにかくラトル音を猛烈に嫌うバスが多いと思うんですよね。


さらにボディーサイズがかなりコンパクトなのがナイス!!
ルアーのボディーサイズって結構重要な問題だと思います。
オカッパリ専門でロッドのスペック的にも遠投で魚を探っていくという釣りをしない私みたいな人間にとっては特に重要です。





デカバス専門で釣りをしていくなら話は別ですけど、とにかくルアーで釣れる魚をたくさん釣って楽しみたいというタイプなら
やっぱりでかすぎるルアーの使用は釣れる魚の数を減らすと思います。




近代クランクの中では釣れる良品クランクですね~







いつもご覧頂ありがとうございます!!
この記事が参考になれば下のバスをポチッと応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オンスタックルデザイン マナティー 60mm MT−6 ハゼ
価格:680円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】デプス(deps)KONTOUR JIG-コンツアージグ-
価格:734円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイチューン Duplex DP45RS R10(ヤマメ)
価格:3024円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス K-TEN ブルーオーシャン140 #104 SHレッドヘッド
価格:2300円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デプス グルカナイフ 4.7oz deps GURKHANIFE
価格:3499円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイドジャパン ツーサイド RAID JAPAN TWO SIDE
価格:1749円(税込、送料別) (2017/7/18時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザップ PDチョッパーZAPPU P.D.CHOPPER 跳ねSP 1/2oz
価格:758円(税込、送料別) (2017/7/18時点)