スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千鳥クランクの限界


WW改残り在庫1個ですヽ(`▽´)/
大人買いで複数ドドっと買って下さった方が多くて、あっという間に売切れ寸前です。
ありがとうございました!!




しかし!損な買い物ではなかったはずです。
千鳥クランクのアクションの質にも色々ありますが、限界ギリギリまで千鳥を引き出しているクランクは全世界を見渡してもそう多くはないです。その頂点のレベルにWW改は位置しています。大人買いしてくださった方は大正解ですよ!




なぜそんな大それた事が言い切れるかと言いますと、千鳥アクションには限界があるからです。
いくら作りこんだとしても千鳥アクションというのは狭い幅での仕事しかできないのです。
言うまでもなく千鳥アクションが大きすぎるとすぐにコケて使い物にはならないです。つまり上限がある。
逆にアクションが小さすぎると千鳥による効果での釣果につながらない。つまり下限もある。
リーリングによる運動エネルギーという範囲の中で安定させながらどれだけ大きな千鳥アクションを発動させるかって話です。
その先には千鳥アクションの質という問題はありますけどね。
今の話は私感が強いと思われるかもしれませんが、実際にどう考えても物理的にこんなもんですよ。

クランクのバランス設定が甘いと千鳥が小さくてもコケるって事もありますが、これはあまりに低レベルな話ですからねw

でWW改は、正直まだ千鳥アクションを大きくすることはできるのです。
ですが、そうなるとランチのような絶えずランダムな蛇行をするアクションになります。(つまりランチの千鳥アクションが千鳥クランクのMAXとも言える)
ではなぜMAXレベルまで、千鳥を引きあげなかったかといいますと、ウィグルワートの潜行深度&ウォブリングアクションの質を考えるとその必要が無いと判断したからです。
前にも言いましたがあくまでウィグルワートの改造ルアーなので元のルアーの味付けを残さなければいけませんからね。
適材適所といいますか、そのルアーの大きさや潜行深度やウォブルロール等の質なんかで千鳥のアクションを変えてやる必要があると思います(この話は私感たっぷりです(笑)


さて千鳥アクションの質の話ですが、一口に千鳥と言ってもヌルヌルとした動きやパキッとしたメリハリのある動きもありますよね。
最近のこのブログでお馴染みのバッツ叩きをば(笑)ワドルバッツはチャタークランクなので千鳥クランクのつもりで使うと痛い目をみますよ。良い子はバッツをチャターとして使ってあげましょうね!約束だぞ~☆
グリフォン等のフックチューン由来の千鳥もありますが、あのレベルで千鳥と言えるうちはどんなルアー使っても楽しい時期ですね(笑)


私の好きなニルスマスターもヌルヌル系かな?こないだニルスちゃんを久しぶりに使ってみたらランチに慣れすぎた私はもう後戻りできない体になってしまったと確信しました(泣)昔はすごくチドル~♪と喜んで使っていたのですがね^^; 
ランチユーザーも私と同じ体になっていると思うと「道連れ」ですね!
あなたも、もう後戻りできない体ですぜ(笑)千鳥について知りすぎてしまったんだよε- (´ー`*)フッ
ランチユーザーに残された道は、よりチドルルアーを探し続けるか、自分で作るしか無いです。

そういえばね!ウィグルワート界と同じくニルスマスターも現行品とオールド品があります。
そして現行品は全然チドらない糞仕様に改修されています(笑)どこのルアーも同じ惨劇が。。。
ニルスマスターを試してみたい人はオールドを買うことをオススメしますよ、オールドと現行の見分け方も右に同じくリップにあり。





ランチはヌルヌル系の千鳥質です。ヌルヌル系は低速度でもチドルのが特徴です。
高速巻きでしかチドらなく、しかもヌルヌル系のルアーには用はありませんw

パキッとメリハリ系千鳥は、ある程度の早い速度で巻いて千鳥を発動させる必要があります。
そしてこのメリハリ系こそがアメルアの中に稀に存在する当たりクランクの正体です。直進中に突如千鳥が入るあのアクションです。因みに同じアメルアでもオールドのワートさんはヌルヌル系ですね。

そしてWW改の千鳥の質はヌルパキ系です(笑)
はい!欲張り千鳥アクションです。低速度からでもチドって直進の中に突如入る千鳥も欲しかったわけです
こんな夢の欲張り千鳥設定にできたのも、ウィグルワートの形が良かったからです。
さすがですワートさんて感じですね。


これ前に書いたかな?WW改のボディーは現行のウィグルワートで型をとっているっていう話。
ルアー内部を千鳥専用設計したら、ボディー形状なんてオールドでも現行でも微々たる誤差なんで関係無いです。
むしろオールドはボディーが歪んでいるし、現行品の方がボディー体積が多いという理由で現行ワートを選んだって話。









ま~ここまで書いてきてこの話は誰得?って感じがしますが、千鳥ルアーを自作しようとしている人得な話であって欲しいです。
千鳥クランクの無限の広がりは無い!ロマンを潰すような話に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。
千鳥アクションの大きさには限界が明確にあります。ですが千鳥の質、それとルアー自体のアクションの組合せは無限に広がっています。

それにここまで述べてきたのは、千鳥クランクの話です。ビックベイトではもっと大きな千鳥に見えるアクションが作れるでしょう!
ルアー本体が大きくなっているのでアクションの大きさも比例して大きくなりますが、ボディーの比率を合わせて考えるとやはり限界点はあります。
さらに、リップの無い千鳥ルアーなら今まで存在してきた千鳥ルアーとは桁違いにチドルものや質の全く異なる新千鳥なんてものが作れる可能性が大いにあると思います。
抵抗をリップで受けてアクションの支点にするクランクでの千鳥では、私の作っているルアー達は他の千鳥クランクに負けません。
最低でも引き分けになるでしょう(って、どうやって勝敗を判断するんでしょうね(笑)

スポンサーサイト

ウィグルワート改のリップ裏



WW改 購入者様にちょこっと ご説明を~~




WW改のリップ裏のこの部分。

IMG_3236.jpg


この部分には塗装が施されていません。
強度的な心配をされている方もいらっしゃるかと思いこの部分のことをご説明します。

まず、この部分。破損しても全く問題ありません。






樹脂の内部はどうなっているかというと
IMG_3238.jpg 
こんなかんじにラインアイが走っています
じゃあ、この樹脂が破損したらアイチューニングが狂うのか?
魚が釣れた衝撃でリップがポロッと外れてしまうかも?

ノンノン!心配ご無用です



リップパーツはこんな風に制作しているので
IMG_3231.jpg

チューニングが狂うことはありません。かなりギュウギュウにFRPリップに閉めているのでね!
私が使用している樹脂は硬化前にはかなり粘着力が強く(ボンド並み)硬化後にリップがポロリと落ちることもありません。
ルアーに荷重がかかった場合一番最初に影響が出るならフックかリングでしょうね。
フックやリングがビロ~ンと伸びる方が先ってことは、ルアー強度的には問題なしということです。


じゃあ、なぜこんなパーツが付いているのか?
それは、フロントフックがラインアイの棒状部(先程お見せした内部のステンレス線2本)に絡むことを防止するためです!
ま~ダブルフックだとこの問題は起こらないとは思いますが、ユーザーさんによってはトリプルフックに交換される方もいるかもしれませんしね。以前も書いたとおり、私は釣りをしている時のフックが何かに絡むようなトラブルは大っ嫌いなんですよ
フック同士が絡むことが前提のルアーを【仕様です】って言っている商品は・・・・・。。設計がんばれよ(笑)

この部分の存在意義はまだありまして、制作工程時にアイチューンの精度をできるだけ上げておくためです。
樹脂が硬化してたらチューニングするのはできるだけ避けたいのですよ。
それと、私事として作業効率の向上性の問題もあるのです^^;
以前製作しようとしてボツった、DEEPランチはココがネックだったという噂を聞きましてね~ww

このパーツがラインアイのパーツを支えているわけではないので、ポロッと取れてもルアーのアクションにも影響はありません。
因みに、このパーツに絶対にポロッとは取れません。ステンレス線2本という骨がしっかり入っていますからね。
見た目が気に入らないって方は、カッターで削ってもいいのよ~(笑)





じゃあ~ じゃあ~!
なんで塗装していないか?というと。

トップコートウレタンの性質上この部分からキッカケにペロッと塗装剥げが行きそうだから。
それとね、オリジナルのウィグルワートでの釣果に影響ないの?って思う不満点として、リップの塗装が気に入らない!
リップに塗装がしてあるのってルアーシルエットが大きくなるから好きじゃ無いんですよね~。なるべくなら、リップはクリアーにしてシルエットを小さくが得じゃないの?ってね。

因みにびたーんと薄く膜状にリップに樹脂がついているのは、ルアーを使用しているといずれペロッと剥がれてきます。
端の方からペロッと来たら、爪を差し込んで エイっと剥がしてやって下さい。

それくらい製作者がやっておけって?

そんなの、面倒くさ(´゚艸゚)∴ブッ

そんなの、無理に剥がすと汚くなってしまうので、使用している間にウォブルの振動が徐々に加わって剥がれていくのを待っているのが一番得策なのですよ!

美しさの観点から言うと潤滑シリコンを事前にリップに塗っておけば綺麗に剥がすことも出来ますが、そのシリコンがリップとボディーの接着に少しでも悪影響がある可能性が否めませんからね。私としては美しさよりもルアー強度を優先の一択です!!



と、いうわけで~
リップ裏の未塗装部分は 気にしないでd(ゝ∀・*)ネッ!!






(いや~器の大きい皆様の事ですから、この無粋な部分を【味】として考えてくれるみたいでホント助かったわ~)



ウィグルワート改のリップ



ウィグルワート改のリップにはHMKLのFRPサーキッドボード0.8mmを使っているのですが

IMG_3230.jpg

このリップを正確に切って、削って、穴開けて、ワイヤー通して等の加工をすると





IMG_3231.jpg

このようなWW改のリップ部品が完成するんですけど、0.8mmのFRPを加工するのは大変です^^;
手がハサミに食い込んだり・・・
ペンチに食い込んだり・・・
ヤスリで手の皮をもっていかれたり、削りカスが目に入ってダメージを受けたり。。(空気中に漂うガラス繊維クズは凶器です)

リップにラインアイが組み込まれているルアーは精度も要求されます。
ここで0.5mm以上の単位で誤差が生じていると千鳥ルアーは廃棄物と化します(笑)

【FPS視点実釣動画】オリジナルルアーランチ釣行 ♯6 エースコンバット



つ・つ・つ・・・釣り動画なんて・・・ら・ら・楽勝に作れるんだよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


2014年ラスト動画だ!!これでも喰らいやがれw




ネタなんてとっっくに撃ち尽くしているんだよ(`・ω・´)ゞ

もう・・まともな動画は作れない自信がある

ウィグルワート改のフックについて&新色 

WW改ご購入ありがとうございました!
どうです?
もう使ってみましたか?
良かったでしょう??レベル高いでしょ!?(笑)
自分で作っておいてなんですが、私はこのルアーが超気に入ってしまいました!!
早く春が来ないかな~とウズウズしています
本家のウィグルワートは春が本番ですが、WW改は春以降も絶対に使える奴だと思っているんです。
千鳥クランクはクランクの中でもオールシーズンに近いレベルで使えるんじゃないかな?と思うのですが、基本的には
ランチやWW改のようにスロ~なリトリーブスピードからでも千鳥を発動するルアーじゃないと厳しいかもしれませんね。
早巻きでチドルクランクはどうしてもチャター的なアクションになってしまいますからね。



で、
WW改のフックの話


ウィグルワートのフックチェンジによるアクションチューニングの定番として
#6フック装着時は千鳥
#4フック装着時は直進

という方法がありますよね?

WW改のリアフックは#5を実装しています!
間をとったというよりも、実際にテストしてみて使いやすいところをとったのです。
因みに、#5フックはなぜか市場にあまり出回っていないサイズなんですが、買うのに苦労しました^^;
WW改で#4フックを装着しても千鳥ます。多少は大人しい動きになるかもしれませんが、それでもどんな当たりのウィグルワートよりも千鳥ます。#6フック装着時の本家ウィグルワートよりもチドルのは言うまでも無いですねw

フロントフックは最大で#6のダブルフックを装着することをオススメします。実装しているのは#5のフックですがこれはロストしてほしくないからです。
私は#6フックバージョンで酷使していますが今のところスタックしないんで、今後は#6ダブルフックを採用していくかもしれません。
#5でも#6でもWW改のアクションは安定していますのでフックを交換することでアクションが潰れることはありません。
お好きなほうをどうぞ~
あまり大きなダブルフックを使うとフック同士の干渉を起こすと同時にリップにもフックが絡むのでストレスの元です。私はこういうトラブルがものすごく嫌いなのであまり大きなフックは好きじゃないんです。






只今絶賛後続カラーを製作中です



どこぞの電気なネズミ的ビリビリのイエローチャート
塗装している時、目がチカチカします(笑)
IMG_3221.jpg

本来白目のの部分に黒を吹いてしまったのでサインを目の外周に書いたら
いよいよ まつ毛に見えるネw








キンクロ
なんだか久しぶりに、ザ・キンクロを吹いたな
IMG_3224.jpg 









シャッド
私的ナチュラルシャッドはこんな感じですね
IMG_3227.jpg 







ミルキ~的な・・・(まだ、名前は無い(笑)
このカラーは実は研究をしてきたカラーなんです。ランチで試してみて反応がかなり良いのでこっちにも移植しました。
そのうち、このカラーバージョンのランチを販売する予定です

IMG_3228.jpg


ん~たまらん!ウィグルワートにはどんな塗装も似合ってしまいます(笑)
本家ワートの魅力の一つ、膨大なカラーバリエーションに憧れて私もやってみようかな~なんて思いましたが
個人レベルでチマチマ作っている私にはなかなか難しいですね^^;
でも、なるべく沢山のカラーを作ってみたいものです。







おまけ
IMG_3218.jpg

【WIGGLE WART 改】 ウィグルワート改 一般販売ページ

このページの画像で欲しいウィグルワート改のカラーと番号を確認して
記事の下の方にあるヤフオク商品ページへのリンクをクリックすると購入画面に進めます。

各カラー (フックリグ込)即決3500円での出品です
ルアースペック
全長  7.5cm
重量 約10g
フローティング


複数同時購入時はもちろん同梱可能です!
10000円以上ご購入でレターパックライトでの送料無料!!




では、ルアーのカラーと番号をご確認下さい

IMG_3207.jpg 




以下ヤフオク商品落札ページヘのリンクです


1  WW改 ホワイトSOLD OUT
2  WW改 ホワイトSOLD OUT   
3  WW改 ホワイトSOLD OUT 
4    WW改 ホワイト SOLD OUT  

5  WW改 ピンク SOLD OUT  
6  WW改 ピンクSOLD OUT  
7  WW改 ピンク  
8  WW改 ピンクSOLD OUT  

9  WW改 ナチュラルグリーンブルーパールフィニッシュ  
10 WW改 ナチュラルグリーンブルーパールフィニッシュSOLD OUT  

11 WW改 ナチュラルブラウンSOLD OUT 

12 WW改 プレデターSOLD OUT 
13 WW改 プレデターSOLD OUT  
14 WW改 プレデター SOLD OUT   
15 WW改 プレデターSOLD OUT  
16 WW改 プレデターSOLD OUT  

17 WW改 ブラックチャートSOLD OUT 
18 WW改 ブラックチャートSOLD OUT  
19 WW改 ブラックチャートSOLD OUT   
20 WW改 ブラックチャートSOLD OUT  
21 WW改 ブラックチャートSOLD OUT 


(売切れた商品のリンクはなるべく切っておくようにします)



【WIGGLE WART 改】 ウィグルワート改 メンバー先行販売ページ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

WW改 スイムテスト終了!!販売へ



お待たせ~
ウィグルワート改のスイムテストに行ってきました。
しかし・・・もうすっかり冬ですね(^_^;)
手袋なしでの釣りは辛くてしかたありませんね~

で!スイムテストの結果。
どのルアーも良い千鳥を見せてくれる子達ばかりで無事に販売できることになりました!!
中にはとんでもない大当りな奴も混じっていたっけか(笑)
相変わらず製品にバラつきがあるのですがこれは発泡樹脂という、どうしたってバラつきのでる素材で千鳥クランクというシビアな比重バランスが求められるルアーを作ろうとすればしょうがなく発生する誤差ですので、気にしないことにしましたw(だからといって不良品を販売するという意味ではないですよ!私のテスト合格基準レベルは高く早稲田位なら楽勝で入学できます)


んで、
スイムテスト中にWW改をオールドのウィグルワートと比較しながら泳がせてみると、新たな違いを発見しました。
それはWW改のウォブリングピッチが圧倒的に早いことです!
ウィグルワートと言えば大きくワイドなウォブリングでお馴染みですがそのピッチは遅めです。
現行のウィグルワートは多少ピッチ速度が早くなっているものの、WW改のピッチスピードはまるでバルサ製フラットサイドクランクを彷彿とさせるようです。それでいて巻きは軽いという優れもの!だからと言ってワイドなウォブリングが小さくなってしまっていないという秀逸さ!!ほんと素晴らしい改造品ですな(自画自賛)



この高速ピッチを利用してボトムでのデットスローなクランキングも可能だな~と思いながら巻いていると・・・
IMG_20141205_123335.jpg 

この寒い日にクランクでバイトさせるとは、私も釣りが上手くなったもんだっ!と
勘違いしてしまうから、やめてくださいバスさん(^_^;)






1417936924178.jpg 



だからやめてくださいバスさん!!これは商品ですよ!?傷が入ったらどうするんですか!??
まぁ、私のお客様たちは寛大な方々ばかりですからそのまま売りますけど(笑)

今回は傷が入らなかったのでいいですけど、こういう時は釣れてほしくありませんね。
でも冬のクランキングでの釣果としては超嬉しいです!!←だから売り物だって^^;

ご理解頂きたいのは、私のスイムテストの徹底性です。
スイムテストと言ってもピョっと投げて真っ直ぐ泳げばOKってわけにはいかないのが私のルアーです。
私の作るルアーの最重要点は千鳥アクションです。ですからやはり直進性のみのクランクのようには簡単に合格を出すことは出来ないのです。
ある程度投げこんでみて実際の釣行時に千鳥アクションが発生するかの検証をしなくてはいけないのです。
ロングキャストをしてみたり、スローで巻いたり激速で巻いたり、きちんと潜行するかのチェックもしなくてはいけませんしね。
少量生産だからできる事なんでしょうけど時間がかかってしょうがないです(笑)ですが、個体差がどうしても出てしまうものなのでしょうが無いですね、義務ですね!バルサルアーよりも制作の時間コストは大幅に削減できるものの樹脂の管理や失敗作が多いところを考えるとどちらが量産に向いているかは微妙なところですね(^_^;)

発泡樹脂ルアーを作ろうと思っている人にアドバイスするなら、フラットサイドの様に比重が軽いものか
ジグのように比重が重いものを作るなら発泡樹脂素材でもバラつきの少ないものを作ることが可能ですが千鳥クランクのように絶妙な比重が必要なルアーを量産することは絶対オススメしません





販売するルアーカラーをご紹介

ホワイト 
 
IMG_3191.jpg
今回はパール系は吹かずに白のみの膨張色を利用したカラーです。
パール系を入れると反射効果が付くのでシルバーなどのメタリックカラーに
近い効果になってしまいますので、あえてパールを廃止
販売個数4コ









ピンク
IMG_3194.jpg
私こだわりの釣れ釣れカラーピンクです!このカラーにはいつもどおりパールが入っています
オリジナルのウィグルワートのフローレセントピンクよりも白っぽいですね、この白味多めのピンクがベストなのだっ!!
販売個数4コ













ナチュラルブラウン
IMG_3177.jpg
ナチュラルブラウン/クローフィシュをモデルに作ったカラーです。
ブラックチャートの開発途中に参考用に制作したカラーなので販売個数1コ













ナチュラルグリーンブルーパールフィニッシュ
IMG_3197.jpg
こちらはナチュラルグリーン/クローフィッシュをモデルに作ったカラー
ストライプの入っていないブルーギルカラーって感じですかね。
このカラーは凡庸ですね。
販売個数2コ










プレデター

IMG_3190.jpg
このカラーは当ブログでは説明のいらないカラーですね
普通に使ってよし!このカラーでなきゃ釣れないドハマりモードもアリ!!
作らないわけにはいかないカラーって事ですね
販売個数5コ







ブラックチャート
IMG_3188-64.jpg
前回説明した期待の新製ブラック系カラーですが、ザリガニをイメージして使ってもらえればOK
販売個数5コ








つーわけで、ウィグルワート改 
ルアーサイズは市販品と変わりません
ルアーウエイトは約10g

毎度の事ながらヤフオクにて販売致します!!
お値段は(フック付きで)ど~んと 3500円


アマチュアが作ったルアーで3500円という価格設定だからそうそう皆様手はでないでしょうから、いっぺんに複数個買わずにとりあえず一個買って気に入れば色違いを買う作戦でいいんじゃないかな?
ランチを使ったことがある人で、ランチが釣れる!と思ってくれている人なら絶対買っておいた方がいいルアーだということは断言できそうです。好きなカラーを好きなだけ買っておくといいと思います。ランチと相性の良い人にとってはWW改は神ルアーだと思います。




というわけで、販売日は2014年12月8日月曜日 夜10時からスタートです!!
販売用の記事をアップするので当日の記事で欲しいカラーの番号をチェックして下さいネ
販売は当ブログメンバーを優先する方式をまた採用しますよ~

一般販売は9日の夜10時からスタートです!


よろしくお願い致しますm(__)m






【WIGGLE WART改】 ウィグルワート改 ブラックチャート

前回の出題です。
一般的に黒系のカラーはルアーのシルエットをはっきりとさせることができるとされています。逆に白やチャートは強いアピールが魅力的なカラーとされていますよね?
Q:ルアー本体のカラーは黒でシルエットもはっきりとさせながら、白やチャートの様に強いアピールをさせるにはどうすればよいでしょうか?






コレが正解画像です!!

IMG_3181-64.jpg 

なんとっっ!茶色でした~  


って、いやいや違うんです(^_^;)

画像では茶色に見えるんですけど、全く別の色が塗られているんですよ~


この茶色は太陽光に当てると更に強く発色します。ただ単純に強い太陽光でより明るく見えるっていうわけではなくて、光があたっている以上の発色をします。
それはどういうことかと言いますと、要は紫外線発色を使った方法なんです。
タネをあかしてしまうと 先ず普通の黒の塗料を塗り、その上から あるメーカーの蛍光ピンクを塗るんです。(このあるメーカーの蛍光塗料は紫外線に異常に反応して発色するんです)
そうすると下地に黒が塗られていることでピンクは赤茶色に発色します。さらに蛍光塗料ですから紫外線を受けると通常の塗料の何倍も強く発色するというわけです。(ケイムラと同じ原理ですが細かく説明すると長くなるので省略します)
要するに問題に対する答えは簡単だったんです!!
黒の上に蛍光のカラーを載せちゃえばよかったんですよ!(ちょっと特殊な蛍光塗料ですけどね)


このカラーの凄さは水中でさらに発揮されます。例としてウィグルワートの潜行深度を2mとします。その2mの水深でも
水に濁りがあれば水中の2m地点は暗いんです。
当然ですよね?光(可視光線)は水の濁りがフィルターとなって遮光されていきますから。
しかし、紫外線は光(可視光線)よりも透過率が高いので2m前後の水深程度であれば水がどれだけ濁っていようと全然関係なく透過します。(ケイムラが海釣りの深場で効果が高いのはこのためですね)

実際に水中にあるこのルアーカラーを見るとなんだか違和感を感じると思います、やっぱりただの茶色ではなく塗料がルアー本体の一層上に浮いているような違和感を感じると思います。


↓お腹は黒です
IMG_3188-64.jpg

実はこのチャートブラックというカラーは全く新しい発想から生まれたものではなくてあるカラーの代替色なんです。
それはウィグルワートの人気色であるクリアーボディーアメザリカラーです
なんだかんだ言ってウィグルワートのロングセラーの背景にはこのカラーの存在が大きいと思うんです。ウィグルワートが持つアクション性に対してクリアーボディーアメザリカラーが大ハマリしたんでしょうね。私としては是非吸収して取り込みたいのですよ!
ですが私の作るルアーは硬質発泡性樹脂素材なのでクリアープラルアーの最大の魅力である水中でのクリアー空中ボディーから発せられる強烈なアピール力は望めません。ですが似た効果を獲得したかったのです。
中空ボディーの上に塗られたナチュラルシルエット系のオリジナルクリアザリカラーに対して
シルエットの黒を下塗りしてその上に蛍光の赤系を載せることで最終的に現れる効果は似せることができるのではないか?



改造というのはオリジナルの良い所を引き継ぎ、更に超えてやろうというものでなくてはいけないのです。
クリアーボディーアメザリカラーにおける釣果効果のその先にあるものに挑戦しようというカラーがブラックチャートなんです。



IMG_3183-64.jpg
(どうでもいいけど、目の周りにサイン関係を書いたのですが、若干 まつ毛の様に見えるんです(笑)
私の中ではこのブラックチャートを【黒ギャル】と呼び始めているのは内緒ですw)





WW改の写真アップ



お待たせして申し訳ないです。WW改の情報です


現在ようやく塗装作業が終わったので写真をアップしておきますね


IMG_31682-640.jpg 

そして、このオボコずらである!
どうですか?
このオボコ顔は。かわいいでしょ? 
写真ではあまり伝わらないかもしれませんが実物はもっと可愛いですよ~ 


これは、基本カラーとなる WW改-ホワイト の写真です。
ランチのスゲー白が高釣果なので、WW改にも塗ってみました。
特徴としては【眉毛】ですね(笑)
目の塗装はできるだけ本家を再現しています。
今回制作したルアーは【改】で~あるからして、なるべくオリジナルの状態を残すことに価値があるのです。
ただただ、オリジナルに近づけただけでは作っている私が面白く無いので、眉毛だけ付けさせてもらっちゃいました(笑)
しかしイタズラに眉毛を書き加えているわけではなく、これはこれで目的があってのことです。
黒班やバイトマーカーと言われる黒い点に違いないのですが

Q:私は、この黒点が魚を刺激していて釣果に繋がると思っていると思いますか?

A:そうあって欲しいと思います(笑)



ま~でも、私としてはルアーアクションの公正が主な目的で眉毛を塗装しました。(あと、かわいいからw)
ウイグルワートはミッドクランクなのであまりルアーを目視して使わないですけど、時々はルアーアクションの公正チェックを入れておかないとね!


IMG_3174-2-640.jpg 
最大の変更点は2つ
リップを  FRPサーキットボードに変更したことと
ボディーを硬質発泡性樹脂に変更したことです。
これによりウォブルアクションを強めることができ尚且つ千鳥アクションを発動させることに成功
おまけにノンラトルのサイレント仕様化
いや~我ながら美味しいとこ取りなウィグルワート改である!










で、ブログの更新がなぜ遅れていたかと申しますと、ウィグルワート改のカラーラインナップを増やしていたからなんです。
当初は4色展開で販売しようと思っていたのですが、「楽しみにしています」っていう温かいコメントを頂いてやる気が出てしまったので頑張ってみました。
(の割にコメントの返信が遅れてすみませんでしたm(__)m)
結局カラーラインナップは2色追加して6色作ったのですが、なにせスイムテストがまだなので不合格者が大勢出れば、どうなることやらですけどね・・・。(^_^;)
2色増やしたことで販売個数も大幅に増やしましたが、増やしたと言っても少量制作品ですからね(笑)



一応カラーラインナップを紹介しておくと

写真で紹介した 
【ホワイト】 

そしてこれまたランチでも実装している絶好釣の 
【ピンク】


 
本家のワートさんでもお馴染みなカラーが2つ
【ギル系?モエビ系?のようなグリーンバックカラー】

【ザリガニ系ような赤茶系】


追加2色は
【プレデターカラー】やっぱり外せないカラーですっ!!

そして
【チャートブラック】
チャートブラックとはなんぞや?って、声が聞こえてきそうですが   
当然です。  私が作ったカラーですからね~。
ランチでは黒系のカラーを作っていませんでしたが、とうとう出しちゃいますよ!禁断の黒を・・・・・。
このカラーの構想はかなり昔からあったのですが、ミドルレンジ以下での使用によって、効果を爆発的に発揮できるカラーなのでランチには実装されていませんでしたが、ようやく形にすることができました。







では、ここで問題!!

一般的に黒系のカラーはルアーのシルエットをはっきりとさせることができるとされています。逆に白やチャートはシルエット効果ではなく強いアピールが魅力的なカラーとされていますよね?
Q:ルアー本体のカラーは黒でシルエットもはっきりとさせながら、白やチャートの様に強いアピールをさせるにはどうすればよいでしょうか?




この問題を解決したのが【チャートブラック】なんです

いきなりの出題ですが別に意地悪でもないし、尺稼ぎでも無いんですよ(笑)
この記事を書いている現在、ルアーは塗装乾燥中なので写真が撮れないんですよ。

オリジナルのルアーカラーを作ろうとする時はいつもこんなクイズのような問題が自分自身に出題されるんです。
これが結構面白いので皆さんにも味わってもらっちゃおう!というハートウォーミングなこのブログならではのサービスなんですよ♥


A:答えは次回、写真付きで発表します (ΦωΦ)フフフ…



あ、販売は今週末くらいを予定しています。
こういう大事なことはサラッとなかったかのように告知しておかないとね!


さっさとスイムテストを終わらせるぞ~! 







検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オンスタックルデザイン マナティー 60mm MT−6 ハゼ
価格:680円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】デプス(deps)KONTOUR JIG-コンツアージグ-
価格:734円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイチューン Duplex DP45RS R10(ヤマメ)
価格:3024円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス K-TEN ブルーオーシャン140 #104 SHレッドヘッド
価格:2300円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デプス グルカナイフ 4.7oz deps GURKHANIFE
価格:3499円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイドジャパン ツーサイド RAID JAPAN TWO SIDE
価格:1749円(税込、送料別) (2017/7/18時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザップ PDチョッパーZAPPU P.D.CHOPPER 跳ねSP 1/2oz
価格:758円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。