ピンクのワームは釣れる!ゲーリーヤマモトカットテールワーム(ホットピンク

昔書いたピンクのワームの記事↓
        ルアーカラーの話。ピンクのワームは買っておいても損はない?

この記事を動画化しましたよ~




このポイントでは、ちょい投げすると反応がありません。
むしろ岸際の浮草の下に魚は入っているので、浮草の隙間にピョッと落としこむだけの簡単な作業です(笑)


水中が相当に暗いのか?
このポイントに相当数のバスが溜まっているのか?
釣れたバスが他のバスを呼ぶのか?わかりませんが同じ場所で連続で釣れます。ただし3匹くらい釣ってしまうとさすがに渋くなるのでポイントを10分位休ませるとまた釣れます。
しかも、ここは好条件ポイントなご様子で良型バスが占拠している模様、小バスやギルが薄いのがまたいいんですよ~

因みに、その後蛍光オレンジのニョロを同じポイントに投入するも反応無し。。。
う~む。ワームカラーに対して魚がそんなにシビアに反応しているのかはわかりませんが、釣果からみるとピンクが好きみたいw
この場所は後ろが山なので流れ込みから落ちてくるドバミミズでも待っているのかな?

もしくは、ここのバスは女バスなのかな?
ま~大抵の女子はニョロリとしたピンク色(ドドメ色)のモノを暗がりで見せられたら、ついつい口を使ってしまうものですからね






この場所以外でも、似たようなシチュエーションならピンクはハマります!
人気のない作業小屋の影や、金曜日の深夜のビルとビルの隙間なんかでもハメます!
私の脳内では白や蛍光イエロー等の強いカラーのカテゴリーにピンクは入っています。日中でも水の色や浮草の影響で水中が暗い条件下では一度はピンクを投げてみる価値はあると思うニョ~

使用していたニョロ子↓





【ビッグランチ】オリジナルルアーランチ釣行 ♯10

5/22のビッグランチテスト釣行動画です




動画内3匹目のバスを釣る(バラす)シーンのデカイ着水音に注目して下さいね。
普段使っているランチではあの大きな音は出ないのです。
特に ジュボンという音ではなく 【ビターン!!!】 という着水音にはバスが好反応なご様子。

ビッグランチはこのビターン系着水音が出やすいのがまたいい感じです!
オープンなエリアでもこのビターンが出ればある程度魚を集められるようです。



今回の釣行でのアクションは、着水音を大きく出すことを意識しています。
(へなちょこキャストだとちょうどこのビターンが出やすい気がする)

ビターン

しばらく放置

チョンチョンと小さく動かす   動画内3匹目HIT

リトリーブ  大半はここで食ってきた。(1mほど巻いたところかな。) 動画内1匹目。動画以外でもここでHITが集中

ストップ   動画内2匹目HIT

リトリーブ  動画内4匹目54センチHIT 

回収

という流れで釣ってみました。

                                                               
ビッグランチの動き出しは特に良いアクションをします。

                             8   7   1
ストップ&ゴーの爆発力が半端ないです!!ぱ な い  と覚えましょう!

それでは皆さんご唱和下さい!
この味がいいね」と君が言ったから
8月71日は サラダばー

ビッグランチ1stテスト釣行

5/22に、本番と同じボディーマテリアルに置き換えたビッグランチテスト機を引っさげて第一回となるテスト釣行に行ってきました。細かな微調整の仕事はまだまだ残っているものの、おおまかなボディーシルエット。重量。フックサイズ等々は今回のテスト機を主軸に構成していくつもりです。


IMG_20150522_113327.jpg 


ビッグランチはとくに限定的な使用を目的としていませんが一応コンセプトとして掲げているのは
飛距離の確保。
スローリトリーブでもしっかりと千鳥アクションを発生させること。
フローティング。
あと忘れてはいけないのは、【釣れる魚のサイズも大きくしたい!!】
 ←これ大事(笑)


1stテストを終えての率直な感想としては、これらコンセプトはすべてクリアーできたと思います!
リーリングスピードやキャストによる体への負荷なども出来るだけ詳細に感じたかったのでタックルは今まで同様フレイム(ライトアクション)&カーディナル33&ラインはPE1.2号リーダーはナイロン25lbで挑みました。
なのでフルキャストは出来ず(泣)女子投げのようなロッドの反発をつかわない内股スイングをすることに。(;´∀`)
この日私のことをポイントで見かかけた人は、さぞ。「かわいいなオカバスの野郎」や「俺、アイツと結婚するんだ」などと私のことをエロい目で見ていたことと思います。私の方もへなちょこキャストをする度に、この日同じフィールドにいた5~6名の男子からイヤラシイ視線を感じて少し体が火照っていました。
いいえ。日差しが強くて日焼けして火照っただけではありません。確かに私の中に眠る女子の部分が・・・アタイの蜜壺が・・・

ハイ。
なので、フルキャストをした場合の飛距離は実際にはわからないのですが、へなちょこキャストでもそこそこの飛距離は出せました。
おそらくビッグランチを使用するための理想的なタックルでキャストした場合は、ルアーウエイトが24gあるので相応な飛距離を期待して良いと思います。

肝心のランチアクションはどうだったのか?と申しますと
ホレ!この通り!


IMG_20150522_103250.jpg

千鳥の質
左右蛇行の幅
ランダム性
動き出しの良さ
ウォブンロールの質
どれも問題なく想定以上の素晴らしい出来です。


私は、ランチやL2程度の大きさのルアーを使ってきたのでビッグランチの様な全長とボリュームのあるクランクは使ったことがなく、全長があるものと言えばせいぜい阿修羅等の9センチジャークミノーまでしか使ったことありませんでした。ビッグランチは全長9センチはあるものの一応阿修羅やルドラのサイズ感と同じなので、大きすぎるということは無いだろうと思うものの、ボリュームはあるので一発逆転のビッグバスを狙うようなゲームになる。つまり数釣りは出来ずデカイ1匹を狙うためにはボウズをも恐れないビッグバスハンターに鞍替えする展開を迎えるんだろうな~なんて思っていました。
この日実際に釣行をしてみた結果。
釣れる魚のサイズが確かにUPし、普段よく釣れる30センチクラスのバスが30後半の良型バスに変わりました!
10時から釣り初め、4時半に釣行を終えたのですが釣り上げたバスが6匹。バラシが4匹という結果でした。
この釣果は釣りが上手い人から言わせると大した事が無いかもしれませんが、私程度の腕前からすると十分なものです!
フックサイズが大型化した為ブルーギル0匹。この日のバスの最低サイズは35センチ位だったと思います。小バスを含まない6匹という釣果は私の釣りでは好成績なんですよ。

ビッグランチの完成度の高さを確認できた!!というのがこの日の感想と言ってもいいですね。


テスト釣行の場所は通い慣れた野池で、この日はこの池のみで実釣。
私が見ていた範囲では他の釣り人は5~6人いましたが1匹釣れれば良い方という雰囲気でした。もちろん普段通っているポイントなのでどこにバスがいるのかを知っている分の釣果差であることは確かですが、通い慣れている分普段の自分の釣果と比較してもムフフな展開でした。











この日ビッグランチがその完成度を私に知らしめた。
という感想を確かに私は感じたのですが

30センチクラスが35センチクラスになっただけで自惚れるな!とお思いの人もいるでしょう(笑)

もちろん、

小バスがそこそのファイターサイズになり、

ある程度数が釣れただけで私が満足したと思われては私も困る・・・・。


私にビッグランチのコンセプトの最重要課題である【釣れる魚のサイズUP】をクリアした。と
実感させる釣果を魅せつけてやんよっ!!




ビッグランチ1st 50up 

ヒサシブリノ50センチクラス
口閉じ54センチのビッグバス!


IMG_20150522_114341.jpg




運が良かった(マジで)
中規模野池でこのサイズに出会えるのは運が良かった(確信)
ただ、それだけでに尽きる話なのですが1st釣行での結果としては大満足!
私の中で「ビッグランチは持っている奴」って感じですっ
例)日ハムの中田  高校時代をひたすら甲子園だけを目指して美術部で過ごした私から言わせると(ドヤ顔で)中田は日ハムの4番に置いて問題ないね!


今回の釣行はある程度動画に収録したので近日中にYouTubeにUPしますねヽ(^o^)丿
54センチが釣れる瞬間もバッチリ収録しましたよっ!!今まで小物しか撮影できなかった動画シリーズですがこれでようやく釣行動画としても見応えがあるモノになった。と思うなかれ!!
見どころは小物ばかり相手にすることに慣れきった私にデカバスがHITしてテンパる風景なのだから(笑)そう!まるで現代社会が抱える縮図のようなものなのさ坊やだからさw

因みにこの日、釣り始めて間もなく推定50UPを1匹バラしています(泣)本当のことを言うとビッグランチがここまでやってくれるとは思っていなくテスト釣行前半は完全に油断をしていたんですorz
言い訳としては、タックルがルアーにマッチしていなかったから( ゚з゚ )
だが本当は釣りのテクニックの無さが招いた結果です。動画内でもそれは伝わることでしょう(笑)自分の釣りを世間様に晒すのなんて本当は恥ずかしくて恥ずかしくて・・・興奮しちゃう!アタイの菊紋も・・・・

ま、でも本当に~ ライトタックルでは厳しいですね~。おそらくヘビータックル位が妥当な線かなと思いました。
私は今後22lbラインでビッグランチ用のタックルを組んでいこうかなと思っています。

動画の内容は今後のビッグランチ販売に向けて、着水音や巻速度等々のビッグランチがどんな雰囲気のルアーなのかを受け取ってもらえればな~と思って作っています。

今回の釣行で新たな課題も生まれたので、それらを解決しながら完成に向けて制作を続けて行きたいと思っています!


それでは皆さんご唱和下さい!

この味がいいね」と君が言ったから
七月六日はサラダばー
(さらばだ) (^^)/~~~

新生ビッグランチ!制作中

え~。
前回ちょこっとだけお伝えしましたが、ビッグランチ(2代目)を制作しています。
1代目ビッグランチは結局販売はしませんでしたね^^;

今回作っているビッグランチこそ本当にビッグなランチです!
未販売に終わった以前制作していたビッグランチはボディーサイズが6.5センチでウエイトは8.8グラム。に対して
今回作っている新生ビッグランチはボディーサイズ約9センチでウエイトは24グラム(現状品では。)
デカイ!!重い!!!これぞビッグ!!!

IMG_3946.jpg


このビッグランチというルアーを制作する目的は、ズバリ!デカバスを釣るっ です。
L2を制作して今までにない飛距離を獲得し、飛距離による釣果という甘い汁を吸ってしまった私は更に飛距離が欲しくなり(笑)
更にロングレンジを狙えて、尚且つ完全なランチアクションをするシルエットの大きなルアーが欲しくなったのです。
例えばデカビーツァ先輩やキングマーマー先輩のような釣りを展開できるルアーを目指します。9センチクラスのビッグシルエットなルアーでランダム質な軌道を描くクランクってまだ無いでしょ?作ってみる価値は十分にあると思うんです。


ま~そもそもランチユーザー様からランチの大型化のご要望はかなり前からあったのですが、当時の私はそれを作りだす力が無かったんです(;´∀`)その時は、旧ビッグランチサイズが限界でした。。
ですが、WW改やL2を制作していく中で千鳥のメカニズムを更に勉強した結果、9センチ代というボリュームのあるボディーでもランチアクションを発動させる技術をなんとな~く構築できたんですよ(笑)

で、L2を完成させた直後からビッグランチ制作に取り掛かっていたのですが
現状のビッグランチは?というと、第何世代まで作ってきたかな~???とにかくトライ&エラーで作ってはテストして。問題点を改善して・・・を繰り返して第6世代位までは作ったかな?
ようやくテスト釣行に持ち出せるレベルまで来た。という状態です。



IMG_3968.jpg




このビッグランチのアクションは出来るだけランチのアクションをそのままに、ボディーサイズを大型化させることに重点をおいています。なので、ランチ特有の左右への不規則な蛇行アクションや、ボディー全体を大きく動かすウォブリングとロールアクションを発動させます。現状のビッグランチはフローティングタイプです。
おそらくランチのようなサスペンドタイプ、またはスローフローティングにすることは無いと思っています。
これはビッグランチは潜行能力がそこそこ強く設定しているため、ボディー浮力をある程度強めにしてその時々に合わせたレンジキープをしやすくすることや、ストラクチャーの回避行動をさせるためです。
ランチユーザー様は分かると思いますが、ランチの強力な武器である対ストラクチャー・対ボトムノック耐性能力もビッグランチに搭載させます。つまり、簡単に言うとランチをただ大型化させるというのを目指しています。
もちろん、ルアーサイズが大型化しているので、このボディーサイズでのアクションの性質(例えば蛇行のピッチ等)の最適化はしていかなければいけませんね。

細かい話はこれくらいにして
とりあえず今私がこのビッグランチに描く使用シチュエーションは
ドーン!と遠投してウマウマなポイントにルアーを投下し、ランチと同等程度のゆったりとしたリーリングスピードでこの大きなシルエットとアクションでデカバスを釣り上げたいなという感じですね+(0゚・∀・) + ワクテカ +

というわけで、頑張ってビッグランチ制作を続けていきます!


オリジナルルアーランチ釣行 ♯9

少し前の釣行動画です



え~。。最近はブログを更新せずにすんません。
何をしていたのか?といいますと・・・・
釣りにも行かず、家でコソコソした作業を繰り返していました。


コソコソしてドデカイものをこさえていました。



例のアレを作っています



今のところは。
サイズは9cm ウエイトは1ozクラスです

さ~て、何を作っているんでしょうな~??



制作作業と平行してスイムテストもしているのですが・・・ いい感じです!

問題としては、コイツをフルキャスト出来るタックルを持っていないので簡単な動作チェックのスイムテストに留まってしまっているところでしょうか。


今年は、いよいよ完全なるデカバス用ルアーを意識していこうかなと・・・。

追って報告 ・ ・ ・ 。できたらいいな(笑) 頑張ります

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッシュアロー モーターシャッド
価格:2722円(税込、送料別) (2017/6/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル コサジ JACKALL COSAJI 【メール便可】
価格:680円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ BOMBADA TOBIKICHI
価格:7290円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)