追加生産 ビッグランチ ブランク完成

やっと、これだけの量を揃えました~

追加生産 ビッグランチ ブランク完成です!

IMG_4420.jpg 


今回のビッグランチのボディーは3タイプ

従来のタイプに加え、比重を増した2タイプを今回は制作しました!
この比重増加タイプは、要は重量の増加タイプでもあります

従来のタイプは、リグ抜きで約21gの設定で制作していますが
今回は23g と24g タイプを制作しました。

当ブログ常連様方はご存知だと思いますが、私が今まで作ってきた他のルアーでも高比重タイプは制作してきました。ビッグランチにおいても能力的には今まで制作してきた高比重バージョンと同じ感覚だと思って下さいね~
私は24gタイプのピンクでテスト釣行してきたのですが、これがドハマリ!!(^_^)



重量を増加すると当然飛距離が伸びますが、その他のポイントとしましては
●飛距離UP(24gタイプでおおよそ従来品より5m以上は飛距離UP)
●潜水能力の向上(潜行スピードの向上と潜行深度の向上)
●浮き上がりがスロー(しっかりと潜らせてもストラクチャー回避はできる範囲でのスローな浮き上がり)
●スローリトリーブでしっかりとチドル(従来よりもワイドな千鳥になります) 


飛距離を出してスローリトリーブでねっとりじっくり
バスにルアーアピールできるということですね!



キレが良く安定性も高い標準タイプの21gブランクには、バス・ブルーギル等のナチュラル系を塗装予定。
ネットリと使い込みたい23g・24gタイプには カウンターカラー・チャートカラーを塗装する予定でいます。

カウンターカラーって?(?_?)
それは次回お話します!

今回も少量生産になりますが、高比重タイプ並びに、新色にご期待ください!!


【ビッグランチ】真夏の野池でビッグクランキングバスフィッシング ランチ釣行♯15




Mランチ テスト釣行






M-ランチ(仮)
リップを除くボディーレンジ 7センチ
ウエイト 13g


スイムテスト1回めで、48センチの良型をGET!

久しぶりのフレイムロッド&カーディナル33のライトグラスタックルで、良型にヒシモに突っ込まれながら何とか引き抜いた一匹です。
この1匹で腕がパンパンに(笑)

あくまでスイムテスト釣行なので、この他に数匹の小バスを釣り上げて小一時間程で釣行は終了しましたが
台風一過でもう。。 水はかなり増えているは。 濁っているは。。 

何より暑くて暑くて(^_^;)


使用感は
13gの重量の割に小さめの着水音
飛距離はもちろんオリジナルランチ以上、ビッグランチ以下。まさに中距離戦に長けた飛距離です。
無駄な重みをロッドに伝えない振り抜き感も良かったです。

肝心なアクションは

左右へのスライド幅は無論ビッグランチに軍配が上がりますが、Mランチは反復運動のピッチが速く(これが説明が難しいのですが、オリジナルランチよりスライド幅は広いのですが、同じ巻速度でも右に左にスライドするスピードが早いというイメージ)バイブレーション質とは違うブリブリ感がUP!!ということです。
動き出しも超快調!!

Mランチ釣果1

というわけで、第一回でのスイムテストはこんな感じで終えました。



Mランチ 制作経過

IMG_4397.jpg 
まずは、おおまかな骨格から整形していきます。
外観を整えつつ、より安定した千鳥アクションを発生させるために、手の抜けない作業です
この作業は、千鳥の質に以外にも大きな影響を与えます。
やっぱり、良質の千鳥ってそう簡単に偶然に発生しないんですよね~





IMG_4398.jpg
今回もビッグランチ同様ラージマウスバスの顔をモデルに制作していきます
樹脂でルアーを作る場合、バルサで制作する場合と違い、盛って形作り微調整していきます。
バルサは削って作っていきますよね。
盛った箇所は最終的には浮力があるボディーの一部となるのですが、パテでマスターを制作している現段階では、スイムテストは出来ません。パテは、比重が重いので水に沈みますからね。
つまり、途中でスイムテストして確認しつつという作業は出来ないので・・・・感が最も重要!!(笑)

ま~シリコンで型をとった後で、失敗が判明する非常にリスキーな作業で、実際に失敗すると笑い事ではありません。。



IMG_4410.jpg
更に顔を整えて、鱗も一枚一枚作ります。
この鱗制作時も、ボディー全体のシェイプを意識しないと千鳥アクションは、簡単に潰れてしまいます。

ランチシリーズのアクションは、実際に使用してみるとブリブリ~とした手応えを感じるのですが、実際はバイブレーション質のウォブルアクションを極力排除しています。私は怒らせて喰わせるルアーや反射で喰わせるルアーではなく、いわゆる【喰わせ】のルアーを制作しているつもりです。ですがもちろんその時々で魚がルアーと出会うシチュエーションは違いますから、反射で喰う場合もあるとは思いますが、基本は喰わせのアクションとして設計しています。
喰わせのクランクは、ロールと水流波動が命ですが、ウォブルを排除すると当然アピール力が減ります。
直線軌道のクランクではウォブルから水流波動を稼がなくてはいけないのですが、ウォブルがあるということは同時にバイブレーション質も入ることになります。

このご時世ですからウォブル質。特にバイブレーション味が強いクランクベイトは魚に嫌われる傾向が強いと私は思うのです。(因みに、ミノーによるウォブルはクランクのウォブルと話は全くの別物です)


話を戻して、ランチシリーズはバイブレーション質を排除するためにウォブルアクションをできるだけ少なくしているのですが、水を動かす量や範囲は、そんじょそこらのハイピッチなフラットサイドクランク以上なのです!
それはベースがS字軌道の千鳥アクション(=ランチアクション)によって支えられているのです。
一般的なS字軌道のルアーは、リップレスのモノが多く水を掻き回して動かすというアピール力の弱い事がメリットな喰わせのミノー状のルアーが多いですが、ランチはリップによってしっかりと水を掴んで掻き回した上にS字軌道、更にランダムな千鳥軌道でその掴んだ水を撒き散らすのです。
手元に伝わるブリブリ感はわずかに残っているウォブル質と、一般的なS字軌道とは異なるキレのあるS字軌道を描く際に発生するアクションによって感じるブリブリ感なのです。

極力弱めたウォブル質(バイブレーション質)と、極力強めた波動力。
そこに捕食本能を擽るランダムな千鳥アクションを合わせたのが
ランチシリーズのアクションなのです。










と、
込み入った話しをしている間に、顔の最終整形を施し、シリコン型も完成したようです
IMG_4412.jpg

M-ランチ マストサイズのランチを作る!

私がこれから制作しなくてはいけない 
そのルアーを早速見てもらおう!


IMG_4392.jpg 


真ん中のルアーがその必要不可欠なルアーです!!
上 ビッグランチ(9センチ)
中   Mランチ
下 ランチ(5センチ)


これから制作するのはランチとビッグランチのちょうど中間のサイズでいて、最も使いやすいであろうサイズ
7センチボディーのランチです!
想定重量は12g
(第一回スイムテスト個体は13.21g 超投げやすかったし、ランチアクションもかなり良好!!)





どうです!??
このサイズ欲しいでしょ?(笑)
私はホッスィ~のよ このサイズ!


ビッグランチの飛距離を知ってしまった今。
ランチちゃんは完全に近距離戦用ってことになってしまった。
ビッグランチは近距離でも使えないことは無いが、無理に近距離で使わずビッグバスに専念した使い方をしたい。
というわけで
真の中距離戦をこなしつつ、気になる近距離ストラクチャーもポイポイキャストしていけるMサイズのルアーが必要になってしまったのです。

というか。。ランチ&ビッグランチを使ってくれている人ならわかると思いますが、現在は両極端なサイズ展開になってしまっていますからねww


イメージ的には
ビッグランチのような飛距離と7センチのボディーボリュームで、良型も狙いながら数釣りもできる!
ランチのような扱いやすさで、精度の高いキャストが可能。タイトなストラクチャーに付いた魚を攻めやすい!
その他にも、単なる中間サイズルアーでは終わらせないこのルアーでの狙いもありますがそれはおいおいお話しますね。


ま。このサイズのルアーなら気付いたら一日このルアーだけをキャストして終了~!なんてことにもなるだろうね(笑)
とにかく使い勝手の良いマストなルアーにするつもりです




ビッグランチを世に出す前に、本来ならばこのサイズが先に制作されるべきでしたが、一度旧ビッグランチという10中1個しか合格品の出ない不安定な完成度のものを作ってからというもの、千鳥アクションの最大限界サイズさえわからなくなってしまっていたのです(;´∀`)
ですが、今回の9センチビッグランチの完成によって、千鳥アクション制作における更なる安定性とアクションの向上。大きなボディーサイズが起こす千鳥アクションでも充分に魚からのバイトをもらえるどころか、期待以上の高実績を上げることが出来ましたからね!
ならばというわけで、満を持しての7センチボディーのランチの登場というわけです。

ランチはウエイトが6g程度だったので、多くのルアーマンが一番よく使うであろうライト~ミディアムアクションのロッドでは軽すぎるなんてこともあったと思います。せめて7g~10gは欲しかったはずです。(え~気づいていましたとも(笑)



今回のMランチは、最終目標ウエイトを12g以上と決めて制作します。
なるべく重くするつもりですが、タイプはフローティングを制作する予定ですし、釣果が優先なので重量を稼げば良いというわけではないですが、出来る限り釣果と使いやすさを両立した最低でも12g。おそらく13~14gもありうる??なんて目測でいます。

最悪10g以上のクランクであれば、普段使いのロッドでも充分な重さですし、ベイトリールでも気持よく投げれますよね(^_^)





というわけで、Mランチ 制作スタートです!
完成までの間、製作過程レポートを多々アップしていくことになると思います。
よろしくお願いしま~す っと。


ロマン砲 超ビッグランチを作るのか!?




前回の記事に拍手が入っているんですが・・・おそらくよしパパの補修記事に対する拍手だとは思います。


仮に、
爆弾級のドデカイランチ制作計画に拍手を入れているのなら・・・







バカタレがっ~~~!!!!!w

IMG_4387.jpg
17.5センチのボディー 
よくよく計算するとウエイトは軽く400gを超えるんだよ?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル








こ・れ。は、まだ早い!!(笑)

だって、ランチは全長を伸ばすと横幅も同時に大きくなる。
写真じゃ伝わらないけど、17.5センチの全長だと大人の手首と同じくらいの胴回りになることになる
もしかすると600gも超えるかもしれない。。。
そりゃ~ボートで使う分にはいいルアーかもしれないけど、陸っぱりが基本の私にしたら飛距離も欲しくなるが、この大きさのルアーはもちろんフルキャストは難しい。。ルアーロッドでは最大飛距離は50mいけばいいところになるだろう。
50mならビッグランチでも出せる飛距離だからね~

9m位の投げ竿でフルキャストして70m位飛ばすか?とも思ったけど・・・それをやると。。。釣れる(゚∀゚)━! だろうけど(笑)
普段使いでは使い辛いことは明白。






ということで、もう少し使いやすいサイズを考えた。


IMG_4393.jpg 
 
上が17.5センチ
真ん中のボディーが14.5センチ これなら一般普及しているビッグスイムベイトな感覚で使える。
おそらくウエイトも80g程度に抑えられるか。。。


ちょ、ちょっとひよったか俺??










千鳥アクションの最大化というチャレンジもしなきゃいけないが
私にはもっと着実にやらなければいけない仕事がある。


その内容は次回。


最近・・・ブログさぼってた・・・・。


最近・・・ブログさぼってた・・・・。



すっかり仲良しな よしパパさんのブログでビッグランチの補修作業が行われているらしい。

ちょっと見てきんしゃい(笑)
リップの補修とフックサークルの補修風景、この補修方法が最善策だと思います!
byよしパパブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/moriguchi_ucf21/32187138.html



いや~すんごく綺麗な補修作業に作者としては感涙です!
大切に使い込んでくださっている~(^_^)
勝手に紹介しちゃってよしパパさんごめんね~

製作者の私はフックサークルが付けばセルロースにどぶ付けすればいいや~なんて考えていたのですが
制作環境がある程度整っている人間のよがりだよね。

よしパパさんがフックサークル補修に良い物を使っていたのでご紹介
アクセルのポイントコート

私はこんな便利なものがあるなんて知らなかったよ~(TдT)
しかし綺麗にフックサークルを補修していますね~すごいなぁ











と。ま~最近はよしパパブログをボケーと眺めつつ勉強していたのですが
私だってね~

何もしていなかったわけでは、あるまい!

あるまい??

あるまい。

あるマイナーなルアーを極秘のルートで手に入れて研究していたりしてたんです

そのルアーはフラットサイドなんだけどね。。。
「またフラットサイドかよ~?」とか言わないで、ま~聞きなさい。

そのフラットサイドはね~。すんごいのよ!!
何がスゴイってさ~
フラットサイドなのにチドルのっ!!!

チドるフラットサイドって見たことないでしょ!?

ただね~。普通の人がそのルアーのアクションを見ても 「は?どこがチドッてるの??」って言うと思う。
なにせそのルアーのアクション成分に含まれる極僅かな成分として千鳥質が入っているだけだからね~ 
多分10%にも満たない3%ぐらいの千鳥成分が入っているだけだからね。
しかも、それはランチアクションのようなランダムで大きな蛇行をするわけではないからね。

なんていうか。。左右に規則正いリズムの中に入るリズムの狂いというかね・・・。
だけど、フラットサイドクランクというルアーで千鳥を実現するならまさにそのアクションこそがフラットサイドにおける千鳥だと思うんですよ。
フラットサイドって、北日本東日本以外だと大抵は9月頃にしか使えないシーズナブルなルアーだけど、あの千鳥質を引き出してより明確にしてやることができれば。と想像すると・・・・こりゃ~大変なことになるぞって感じなんだよね。

イメージとしては、弱ってフラつきながら漂うように弱く不規則に水面付近で もだえるブルーギルっって感じ!
どお!?イケそうじゃない!!!?
イメージ通りに作れたら、ま~釣れ釣れなるルアーになるだろうけど!・・・如何せん前人未到のルアーだから、少しずつ研究してテスト&エラーを繰り返していくしか無いよね。。。。



ま~そんな神経のすり減る制作を続けている今日この頃ですが
そんな一歩進んで2歩さがる作業の反動なのかな?


こんな事をしちゃったりね(笑)

IMG_4385.jpg 


いや、誰か止めてやったほうがいいんじゃない!??

17.5センチの世界に飛び込もうとしているよっ!??

いいのコレ!?
超デカイよ!??

おそらく200g位は余裕で越えてくよ!?


でもさ。
ビッグスイムベイトってS字軌道のルアーらしいじゃん?
使ってみるとジョイント式のせいで飛距離が伸びなかったりバックラの原因になったりしているらしいじゃん?

IMG_4387.jpg 

ビッグスイムベイトではなく、超ビッグクランクベイトとして
より大きなS字軌道と、そこに入るランダムで大きな千鳥アクション

これまた前人未到の最大級のヘビークラス千鳥アクションへの挑戦
という道もあるよね。

どうする?

どうする??

金ランチも販売!

今回久しぶりにランチも制作しました~

カラーはこだわりの 金

金ランチです
金ランチ


金にも色々な金がありますが、私の経験上 
この金が最高に釣果が良い!!

金って色はかなり釣れるし使い易い色ですが、実は~金ならなんでも良いってわけにはいかないのです。。
私が知る中で、全然釣れない金もあるんです。私もその金が塗装されているルアーでは今まで1匹も釣ったことが無いんです(;´∀`)
そのルアー自体は超優秀で釣れ釣れミノーなんですが、なぜかその金が塗装されていると全く釣れません。。
いずれ、金のカラーについても詳しく話そうかな~なんて思っています。が~
ご安心を!この金ランチはバッチリ釣れる金カラーです!!

腹側リアには、蛍光オレンジを入れています。
ですが普通の蛍光オレンジ色ではなく彩度を落とした蛍光オレンジです。
この金には彩度の低いオレンジがとても相性が良いのです。

背中側はよくあるキンクロカラーのような黒は吹かず、金色です。
ランチを研究した結果、背中が黒である必要性がないことが判明。
視認性の高いカラーを背中にも塗ってサイトでルアーのポジションやアクションを確認できる事の方が重要だったのです!

スイムテストもバッチリですよ!このロットのランチは大当りです(^_^)
金ランチ4 

販売日時はビッグランチピンクと同じく
7/8 水曜日 夜10時から

個数は10個

各3000円

こちらもよろしくお願い致します!

ヤフオク出品名称
オリジナル千鳥クランク ランチ 金  byOkabass 1~10
で検索して下さいネ

お待たせしました!ピンクビッグランチ販売!!

ピンクビッグランチの販売告知です

お待たせしました!
完成しましたっ!!
スイムテストもバッチリ合格の絶好釣カラー!


ピンクビッグランチ[1] ピンクビッグランチ2[1] ピンクビッグランチ3[1]





側面のパターンはラージマウスバスです
オメメの印象も少し変えてみました。いい感じです


ビッグランチの最大潜行深度の件で変更があります。
お客様から、「タックルにもよるけど最大で2.5m位は潜っているよ」という声がありました。教えて頂きありがとうございます!
というわけで、最大潜行深度は2.5mです。
私はボート・ソナーのような正確に深度を測定する道具を持っていないし、自分の感覚としてもせいぜい1m位の深度までしか感覚的にも把握できていないんですよね。つまりルアーの潜行深度がイマイチ把握できていないんですよね^^;

ビッグランチはロッドワークで深度を調節できるので、私的にはシャローで使ったりという場面が多いこともあり、大体1.8m位は潜っているかな~?という感じだったんですけどね。過剰申告よりはマシかな~(笑)という甘~い数値設定でしたね。すいませんm(__)m

ビッグランチは初動から水をしっかり掴んで、ディープクランクのような急速潜行とまでは言わないものの、しっかりと潜行します。
これがまた初動から喰わせる秘訣でもあると思うんですけどね。ビッグランチのあのアクションを2.5mラインまで持ち込めるのは嬉しい誤算です!


あと、
今回のピンクビッグランチはリアフックに変更がありまして、サイズ・メーカーはそのままなのですが
アウトバーブフックにしてみました。
信頼できる人が薦めてくれたので、試験的に採用してみます!
私的にもこの変更はメリットが多いと思っています(^_^)






というわけで、
ピンク ビッグランチ 
今週の水曜日 7月8日 夜10時
いつものようにヤフオクで出品スタートです。
販売個数は5個

各5000円

宜しくお願い致します!!

ヤフオクでの商品タイトルは
オリジナル千鳥クランク ビッグランチ ピンク by Okabass 1~5
当日にヤフオクにて商品検索して下さいネ!!


検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッシュアロー モーターシャッド
価格:2722円(税込、送料別) (2017/6/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル コサジ JACKALL COSAJI 【メール便可】
価格:680円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ BOMBADA TOBIKICHI
価格:7290円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)