沢山のご購入ありがとうございました! そして、Tさんと2戦目


この度は沢山のご購入いただき
ありがとうございました!!
m(_ _)m
お陰様で千鳥ミノーロウナスは完売となりました。













昨日は、商品の発送準備をして午後から、Tさんに商品を納品させていただきに
Tさんのホームのポイントに行ってきました(左手に商品、右手にはロッドを持って)

以前私のホームにTさんをお招きして一緒に釣行した時は、見事なまでなノン接待ぶりなOkabassが数でもサイズでも勝り有終の美を収めた訳ですが、今回はその裏の回。
(今回はTさんのホームなので、動画無し。写真も少なめです。)


Tさんにポイントのホットスポットの説明を受けながら一等地は全てOkabassがビッグランチで荒らすという無作法作戦で出足からこんな感じの魚をGET!
リトリーブ中のひったくりバイト

IMG_20151029_134619.jpg




その頃Tさんは、初めて手にした千鳥ミノーロウナスを確かめるように。
静かに黙々と池の隅の方でキャストをしていました。





ふん!( ̄ー ̄)ニヤリ
そんなに私に遠慮していると釣れないぜ?とOkabassは一等地へ次々とビッグランチ放り込み
ヒャッハー状態(笑)
ここだっ!!と目を付けた場所にビッグランチを投下し巻き始め2mで、明らかに40後半のでかいアタリがっっ!!!!!


ロッドを大きく合わせた瞬間っ!!

(゚д゚)!

リールのリバース機能が見事に発動! 
逆回転するハンドル。。。

この日の勝負を決定づけたであろう大事な魚をバラす。。。。
(道具に起こるトラブルも、そのアングラーの腕に含まれる(泣))


「今のはデカそうでしたね~」と心配してわざわざ様子を見に来てくれたTさんは
ロウナスで10センチ位の入魂バスをかけましたよ~(笑)とのこと。
人の釣果が気になるOkabassも、遠目にこっそりとその様子は確認済み。
Tさんはその他にもロウナスでHITを量産していたご様子。




ポイントをOkabass&ビッグランチペアが大方荒らしたので(笑)
次のポイントに移動~







次のポインではOkabass&ビッグランチペアは、小さなアタリが一つ。。。

対して、Tさん&ロウナスペアは
アタリを量産し、更に38くらいの丸々と太った良型バスをGET!

私の死角になる場所で、他にも何匹か釣り上げていたご様子。。。。







その後、ポイントを移動しても同じような展開。。。。


というわけで、今回の成績は
Okabass&ビッグランチペア     35センチ 一匹       アタリ 3
Tさん&ロウナスペア          38センチを筆頭に数匹  アタリ多数




裏の回は、Tさん&ロウナスペアの圧勝となりました。
これで戦績は1対1。




Okabass。一等地を譲ってもらい、他多数の接待を受けての大敗である。。。。
(ここだけの話。製作者の沽券があるので本気で釣っていました。)
Tさんもこの日初めて手にするロウナスでの出陣にもかかわらず成果を出した。という結果。

Tさんの釣りを見ていて思ったことは、非常に丁寧な釣りをしているなぁ ということ。
ルアーのスペックをフルに活かすリーリングコントロールやバリエーションのあるアクションでコースを丹念に攻めておられました。

対して私は、ビッグランチにかまけ、製作者特権でストラクチャーの奥の奥まで恐れなく放り込むだけという雑なプレイスタイル。。むろんルアーサイズを下げてランチやロウナスを使えば数は出せるかもだが、デカバスに味をしめた私は気が向かない。。。ビッグランチを使うにしろもっと巻きに集中しなくちゃダメだ。なんか、全体的に雑になっていることが、釣果に露骨に出ているよね(;´∀`)


帰り際にTさんが
「ロウナスもいいですね~!飛距離も出る。
ランチとアクションが違うからバリエーションとしても使える。
ロウナスの水面直下のデッドスロー巻きもよく釣れますね~。
私はビッグランチでもっと攻めなきゃですね~(笑)
楽しかったです!またご一緒しましょうね~」

とのお言葉が。。。




なんか。完敗した(´・ω・`)
2回戦目の表は、私が得意なポイントにしようと内心思っている今日このごろである。

いよいよ今晩出品スタートです!

本日 10月28日 夜10時より 

ヤフオクにて商品を出品致しますので
ご検討の程よろしくお願い致します!





こちらが今回出品する全商品です

IMG_4681.jpg 




本日夜10時になりましたら
私のヤフオク内ブースにお越しください!
このバナーから飛べます

↓↓↓
出品中の商品はこちら


商品は22時ジャストに全商品ヤフオクに出品されますので
22時01分には商品閲覧できると思います。
商品によっては、極少量しか制作していませんので、ご迷惑をお掛けする場合もあると思いますがよろしくお願い致します
m(_ _)m

NEWバージョン ミニランチ 詳細情報

10月28日夜10時よりヤフオクにて販売致します 
ミニランチの詳細情報です


今回、新たに原型から作り直したミニランチ
リップ周りの強化とスキンのリアル化が主な改善点です

IMG_4705.jpg  

ミニランチ Mini Lunch スペック

モデルネーム    : ミニランチ/ Mini Lunch
ボディーサイズ   : 36mm(リップを含まないボディーサイズ)
ウェイト         : 2.3g±0.3g
最大潜行深度    : 約80cm
タイプ          : スローシンキング
搭載リグ        : フロントアイ-スプリットリング #0
              前フック-Cultiva OWNER DOUBLE#14
                               後フック-Cultiva OWNER   TREBLE #18 +スプリットリング#00
リップ          : FRPサーキッドボード0.5mm厚
塗装           : ラッカー&セルロース





販売価格 2500円





今回はリアのトリプルフックをバーブレスにしてみました。ミニランチを使っているとどうしてもブルーギルが大量に釣れてしまいます。
ブルーギルは特にリアフックにフッキングしますよね。いかにミニランチの小さなフックとは言え、ギルのおちょぼ口に三連の針が全部フッキングしてしまうと外すのが面倒ですし、針外しに手間取っていると魚を傷つけてしまします。それを解消すべくのバーブレス仕様です。(これで心置きなく数釣りに勤しめる仕様)
でも、バーブレスフックって外れやすいのでは?とお思いの人もいると思いますが、そんなことはありませんよ。
特に自重の軽い小さなルアーなら尚更バーブレスで問題ないのです。
というのも、フッキングした魚がエラ洗いのような針外しに繋がる回避行動をした時に、ルアーの自重が重いと魚が頭を振った遠心力や水面に叩きつけられた反動でルアーに対してフッキングキープと逆の方向に力が掛かる場合がありますが、ルアーが小さく軽い場合はその力がかかり辛いのです。
例えるならば、釣りをしている時に服にくっついてくる種子。
そう!クッツキボンボンで考えると、わかりやすい。
大きくてコロッとしたクッツキボンボンが袖口にくっついたとして、腕をブンブン振ればそのうち取れるケースがありますが
折れたシャープペンシルの芯みたいな小さくて軽い種子があるでしょ?あれはいくら腕をブンブン振っても取れませんよね?
そんな感じです。


今回のカラーは4タイプ
IMG_4684.jpg



ミニランチ/ ベビーバス 
IMG_4688.jpg 

ミニランチ/ピンク
IMG_4695.jpg


ミニランチ/黒金
IMG_4691.jpg  

ミニランチ/赤金
IMG_4699.jpg

ミニランチにはラインアイにスプリットリングが装着されていますが
普段、釣行で直リグではなくスナップをご使用の方もリングを外さずに、リングにスナップを通してお使いください。

今回のミニランチは、スローシンキングタイプとなります。
極小サイズですが巻物は巻物です!
コンパクトなボディーに千鳥クランクの魅力をギュギュッと詰めたミニランチ
タックルボックスの隅の隅にこっそり忍ばせておいて、時に数釣りに興じるのも悪くないのでは?(^_^)


千鳥ミノー ロウナス スペック公開

10月28日水曜日 夜10時から
初めて販売する千鳥ミノーロウナスの詳細情報です!








         千鳥ミノー ロウナス

IMG_4664.jpg 


ロウナス Lounas スペック

モデルネーム    : ロウナス / Lounas
ボディーサイズ   : 72mm(リップを含まないボディーサイズ)
ウェイト        : 8g±1g
最大潜行深度  : 約1.5m
タイプ        : スローフローティング
搭載フック     : 前-gamakatu DOUBLE21#6
                              後-gamakatu TREBLE21  #10
リップ        : FRPサーキッドボード0.5mm厚
塗装        : ラッカー&セルロース


販売価格 3500円







ミノーは、その細長いシルエットから、直進性に非常に優れランダムに左右に蛇行させるいわゆる千鳥アクションを発生させるのは非常に困難です。現存する千鳥ミノーと言われる物もリトリーブ速度を上げて高速時に左右に微動するものがほとんどです。
しかし、このロウナスは低速度から左右に非常にワイドな連続蛇行アクションをし、さらにその動きはとても不規則です。
ロウナスはブレード等の外部パーツは一切使用していないので、チャター質のアクションではありません。
シンプルなボディー形状でミノー本来の魅力であるウォブルロールアクションを基軸に、低速リトリーブからでも安定した大きな千鳥アクションを発生させることに成功した世界で初めての千鳥ミノーと言えます。

製作者である私もロウナスの試作を続ける中で、ミノーに千鳥アクションを付与するとおそらく左右へのブレ幅は小さくなるだろうと予測し、せめて低速で微千鳥するミノーを作れたら。と思い研究していました。
しかし、ロウナスの完成時には千鳥クランクベイトであるオリジナルランチをも凌駕するワイドかつ不規則な千鳥アクションが出来上がったことに驚きました。

ランチシリーズとは異なる質感のウォブンロール+千鳥アクションを楽しんでもらえたらと思います。





~撮影裏話~
撮影日は風が強くどこも水面がザワザワ。スイムアクションを水上から写そうと水がクリアーな場所。尚且つ風が水面を撫でていない場所を探した結果、撮影現場のようなインレッドにたどり着きました。しかし、この場所は水深が浅く水底にルアーが当たらないようなロッドワークでルアーをリトリーブした為、千鳥アクションがイマイチな感じで収録されてしまいました(;´∀`)
動き出しは良いですが、スイムの中間時に千鳥が全然入っていませんね~
最適なロッドポジションで、最適なリトリーブ速度を出した場合、ルアーの動き出し時の大きな千鳥アクションを中間時も連続で出せるとお考え下さい。ですが、そのベストなアクションが出ている場合、ルアーはある程度潜行しているので今度はその動きをカメラで明確に捉えることが出来ないんですよね。。いやはやなんとも撮影は困難です。いつか誰もいない室内プールで思う存分千鳥を撮影したいものです。
というわけで、千鳥アクションの幅や質の【雰囲気】が伝わればと思います(^_^)

あと、動画をYouTubeにアップロードした後に確認してみると、ワンカットめのルアー動き出し時にルアーがワープしているように見えるのは私だけ?(?_?) どうやらルアーの動きとコマ数と動画圧縮値の干渉でこうなってしまったのかな??
申し訳有りませんが、現状ロウナスにはワープ機能は搭載されておりませんのでお間違いないように(笑)




今回販売するカラーは 4タイプ

ワカサギ

IMG_4661.jpg 








野池ベイト
IMG_4664.jpg









ピンク
 IMG_4667.jpg









金クロ
IMG_4670.jpg 




ビッグランチ 新色&定番色 商品のご紹介 その2

10/28 水曜日 夜10時から 
ヤフオクにて出品致します商品をご紹介


新色 ビッグランチ/イエロー・ブラック 
ビッグランチで初のイエロー系です。ド定番のイエロー・ブラック。もちろんイエローの上にはホワイトパールを塗装して反射アピール効率もUP
IMG_4639.jpg

IMG_4640.jpg















新色 ビッグランチ/ホットタイガー
私のこだわりとしては、単純な蛍光イエローを使用しないことです。
ルアーのサイズにもよるのですが、面積の大きい面は特に蛍光イエローだけの塗装は避けます。
それが悪いということでは決して無いのですが、要は黄色味があまりに強い色は、明度的には暗いのです。
このホットタイガーに吹いたイエローが明度を保ちつつイエローの効果も引き出せる黄色です。
過剰アピールを避けるため、黒字の虎パターンは薄く溶けこむように。。
IMG_4649.jpg

IMG_4651.jpg

















新色 ビッグランチ/Hiイエローチャート
私の理想のイエローチャートです。
この黄色みが良いです!なぜブルーバックなのかというと、ランチシリーズは、釣り人からの視認性も重要なルアーだということと、側面の斑紋も含め、水馴染みの良いカラーに仕上げたかったからです。このカラーはある程度の深度に潜った時に、なるほど!と納得頂けるカラーです。

IMG_4642.jpg 

IMG_4643.jpg

IMG_4644.jpg 











新色 ビッグランチ/鮒 
余計な装飾性を排除したプレーンなナチュラルカラーです。
反射効果が魅力です。
IMG_4645.jpg 

IMG_4647.jpg











新色 ビッグランチ/金黒虎 

こちらも23~24gのヘビー仕様です。
以前販売したスモールマウスバスカラーをベースに、定番金黒アレンジ。使いやすいカラーです。
IMG_4658.jpg 

IMG_4659.jpg










ビッグランチ各色 5000円







ビッグランチ BigLunch スペック

モデルネーム    : ビッグランチ / Big Lunch
ボディーサイズ   : 90mm(リップを含まないボディーサイズ)
ウェイト        : 23g±2g
最大潜行深度  : 約1.8m
タイプ        : フローティング
搭載フック     : 前-gamakatu DOUBLE21#2
                              後-gamakatu TREBLE21  #4
付属パーツ    : フロントフックキャップ
リップ        : FRPサーキッドボード1mm厚
塗装        : ラッカー&セルロース




ハンドメイド品ですので、塗装にバラツキやスイムテスト時の小さなフック傷が付いている場合がございます。









 商品のご紹介 その3 に続きます

ビッグランチ 新色&定番色 商品のご紹介 その1

10/28 水曜日 夜10時から 
ヤフオクにて出品する商品のご紹介!


ハンドメイド品ですので、塗装にバラツキやスイムテスト時の小さなフック傷が付いている場合がございます。



先ずは、定番色のご紹介から~


すでにヤフオクにて出品中のブラックバスカラー
今回のバスカラーはかなり上手く作れました!
IMG_4604.jpg 







同じく出品中のオスギルカラー
IMG_4588.jpg 








定番のピンク
今回のビッグランチ/ピンクはリグ抜きで24gのヘビー仕様
飛距離を出してゆっくりねっとりリトリーブでデカバスやカバーに付いたバスをっ!!
IMG_4655.jpg 










新色 ビッグランチ/池ギル

以前販売したメスギルカラーをベースに、婚姻期に左右されないシンプルなブルーギルカラーです
ウエイトはリグ抜きで 21.8g~22g 早めのリトリーブ速度にも対応します
IMG_4652.jpg 

IMG_4654.jpg 













新色 ビッグランチ/ピンクギル
今までのピンクとは一味違うピンク仕様です。
より強烈にルアーの存在をアピールします。
IMG_4596.jpg 

IMG_4598.jpg 











新色 ビッグランチ/ホワイトシャッド
オリジナルランチでもデカバスを引き寄せたスゲーシロカラーのビッグランチバージョンです
IMG_4589.jpg 

IMG_4593.jpg
背中側には若干のシルバーとブルーパールを配色

IMG_4591.jpg 







ビッグランチは各色によってウエイトが多少異なります。
各カラーに似合ったアクション設定となっております。



ビッグランチ BigLunch スペック

モデルネーム    : ビッグランチ / Big Lunch
ボディーサイズ   : 90mm(リップを含まないボディーサイズ)
ウェイト         : 23g±2g
最大潜行深度    : 約1.8m
タイプ        : フローティング
搭載フック     : 前-gamakatu DOUBLE21#2
                              後-gamakatu TREBLE21  #4
付属パーツ    : フロントフックキャップ
リップ        : FRPサーキッドボード1mm厚
塗装        : ラッカー&セルロース



ビッグランチ各カラー 5000円

ビッグランチ 新色&定番色 商品のご紹介 その2へ続きます

Okasbass 秋の大販売会開催!!告知

千鳥の秋!!
ということで皆様!お待たせしました~m(_ _)m


10/28 水曜日 夜10時から 
ヤフオクにて商品大量出品致します!






今回の出品内容は
ビッグランチの新色&定番色の販売に加え!
千鳥ミノー ロウナスも販売致します!

更に、
Newバージョンのミニランチもなんとか間に合ったので販売致します!






というわけで、
まずは今回販売致します 全商品を御覧ください

IMG_4681.jpg


各商品のカラーや詳細情報は後ほど続々とUpしていきますので
よろしくお願い致します!

YSKさんから 釣果報告!!


以下:YSKさん

本日、◯◯の野池にてL2ピンクで大物をあげました!

減水中の野池、岸から5m位にあるコンクリートの塊にコンタクトしたところで
コツっとバイトがあり、そのまま巻いているとググッとのりました。

DSC_4612.jpg 

48cmのブラック氏は久しぶりでしたので、少し震えました(笑)


DSC_4616.jpg


この時期のL2、やはり釣れますね~(^O^)
また、良いのが出たら報告しますね~

YSK







以下:Okabass
YSKさん、釣果報告ありがとうございます!
さすがですな~、デカイ!\(^o^)/
しかもYSKさんが行っていられるポイントはおそらくかなりプレッシャーの高いポイントなのでは・・・(;´∀`)
恐ろしいお方です(笑)

実はOkabassも今日、販売用のロウナスの最終スイムチェックがてら釣りに行ってました。
結果は・・・・ミニランチで15センチのバスを3匹がやっとでした。。

いや~なんていうか。今年の秋はダメだな~( ゚Д゚)y─┛~~
なんて思っていたのですが、マジで釣りが上手い人は、結果を出しているっていうね~(;´∀`)

ご存知の方も多いとは思いますが、YSKさんはブログも持っていられて私も愛読者のうちの一人なのですが
この御方は真のクランカーです。クランクでの釣りの引き出しが多く、特に強い釣りの引き出しが羨ましい程に大容量なんです。
L2でビシっとデカバスってところが真のクランカーたる各の違いですねっ!


YSKさんのブログはこちら↓

YSKの釣られ頃~it’s a piece of cake~
http://blogs.yahoo.co.jp/y_ko2


みにぴゃんち塗装完成

ピャぴゃ百ぴゃぴゃ。


ぴゃ~

(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!


あ、今塗装終わりました。。
takedaさん、おはようございまーす!コメントありがとう♪

塗装中に思うことがあり、今回制作したはこの4色です。

IMG_4636.jpg

ザッと言うと、ナチュラルとピンクと赤金と黒金という構成ですね。
ハゼ系をイメージしたのは黒金と赤金ですが。今回はシンプルなカラーにして
いつなんどきでも魚のリアクション受けの良いカラーにしました(笑)
もっと明確にハゼを模したカラーを制作するのは次回ですな。

乾燥を待って明後日あたりにドブ漬して、その後運命のスイムテストです。

とその前に極小リグを組む作業もあります。

IMG_4628.jpg

あのね~
#0のリングに極小フックを組む作業は、発狂ものなんですよ(笑)
この作業は戦車スケールの履帯組みを思い起こさせます(;´∀`)私はM24チャーフィーが好きです。チャーフィーの可動履帯を組むのは2日かかりました。

ミニランチは何もかも小さなパーツから成っていますが、ラインはPE1.25号&ナイロンリーダー25lb(私の普段使い)というゴツメのラインシステムからでもきちんと動きます。もちろんラインを細くしてもOKです。

ミニランチ 現在塗装中

ミニランチを塗装してます。リアルタイムで。です。多分今日は徹夜です。

IMG_4631.jpg


今月のビッグセールに間に合うか微妙ですが出来る限り急ぎで作っています。

そういや、エアーブラシの0.5mmを導入してみたのですが(今まで使ってきたものより口径を大きくした)
これが、使い易くて最高です。
作業も捗るし仕上がりもよくなる。

なにより嬉しいのがストレス&トラブルフリーな点です

自作ルアーを楽しんでいて、セルロースを使用し、エアーブラシを0.5mm未満の物を使用している人の中で
作業途中のメンテにストレスを感じでいる人がいるなら、0.5mmを強くオススメします。
作業途中のブラシの吹き口の清掃が皆無になると言えば分かりやすいだろうか?
とにかくオススメである!
因みに、コンプレッサーは5Lの初心者用のものを使用しています(笑)
といっても、私の使用しているほとんどの道具は大したことが無いし、古い(;´∀`)

そろそろ作業に戻るか。
では、また(^^)/~~~

実店舗にビッグランチ & more 納品しました


本日、 Turiguyaウエスト岡山 さんに、少しばかりですが商品を納品してきました。
ご予約分やヤフオクへの出品分がありますので各色1個ずつ程度の納品です。




今回の納品は
金カラー ランチ ×1 
L2ミルキー L2イエローウォーカー それぞれ×1 
そして、新色のビッグランチを2色と
定番のバスカラー&オスギルカラー

中古の表記がありますが、全て新品です。
スイムテスト済みなのでほんの少しフックの干渉傷が入っている場合があるので中古品の表記となっております。

私の作るルアーはメインがヤフオク出品になりますが
実物をご覧になりたい方は是非店頭に足を運んでみてくださいね!




今月はヤフオクにて大規模販売もいたします!!
ビッグランチの定番色と数種類の新色を販売予定です。


さらに、
お待たせしていた 世界初の千鳥ミノー ロウナス の販売も致します。

現状は塗装が終了し、スイムテストに入っています。
なので、販売日が決定しましたらまた告知させて頂きますのでよろしくお願い致します。


ミニランチ 製作中

絶賛製作中のミニランチ
ウエイトの型も無事に完成
画像左下に写っている塗装時に使うテンプレートは2パターン完成しました。
横ストライプの小バスや泳ぎの上手い小魚群をイメージしたテンプレート。これは鉄板とも言える万能タイプになるでしょう。


そして今回は縦ストライプのテンプレートも作成しました。
縦ストライプと言えばブルーギルですよね?ですが今回はゴビー(ハゼ)をイメージしたモノにしてみました。

ミニランチのサイズ感を活かせるベイトの種類を考えていくと、このゴビーカラーを押さえていることは重要なんです。
釣行をしていて岸際にベイトを発見し、よく観察してみるとハゼ科の稚魚がある程度の数でまとまって、チョコチョコと泳いでいる時があります。そんな時は、ルアーのサイズを下げてみるとグンと釣果が上がるという経験を何度もしています。
 そう。 そんな時こそがミニランチの出番なのです。

逆にそんな時はオリジナルランチサイズでさえも喰って来なかったりします。
まったくもって、マッチザベイトとは恐ろしいものですね。
そんなマッチザベイトのパターンを掴んだ時には、たとえ岸から10m以内でも釣れる魚のサイズはベビーバスばかりではなく、35センチ以上の釣りごたえのあるバスも混じります。岸際の逃げ場の少ない、ある意味追い込まれている状況の小さなベイトは格好の餌なんでしょうね。
さらに、このパターンは年間を通してみてみるとある特定の時期だけと断定ができなく、夏でも秋でも、ある日不意に出くわすことがあるのです。


私の遊撃釣行時は、ミニランチピンクを使うことが多く、十分に楽しめたと言えるだけの釣果があります。
しかし、この岸際に魚の意識が向かっている場合は、ピンクでは反応がかなり薄いということもありました。ピンクからナチュラル系のカラーに変えるだけで釣果が得られる。そんなことが過去数回ありました。

このマッチザベイトパターン以外でも数色のミニランチを使い分けて釣行してみた結果
小さなルアーなら何でもよく釣れるってわけにはいかなく、多くのルアーと同じく、その時々に似合ったカラーを選ぶことで釣果が出たり出なかったりします。


因みに、岸際ではオタマジャクシもよく見かける訳ですが、私はオタマジャクシをイメージしたカラーをミニランチでは作りません。
実はもうオタマカラーに関しては実験済みなんです。
青+黒のタイプと
茶+黒のタイプ 
両者共に釣果の塩梅が悪うございましたとさ~。

なんなんでしょうかね~?
バスは蛙は好物なのにオタマジャクシはあまり好きでは無いのかな?
それとも人間が岸際にオタマを見つけている時点でその池は、とうにオタマだらけで、バスは食べ飽きちゃってるのかしら?
それともオタマにはキノコみたいに大量に食べると中毒性でもあるのかね~?
だとすると、蛙の方が毒性が強そうだけどね~(ガマの類のように)
皆様もご存知の通り、大量のオタマだらけのだらけっけな野池では釣れないっていうのも、よく言う「ベイトが大量発生した場合は釣れないゾ!」的な一般常識。だからそれはなんでなの?っていうのが私は知りたいのよね。
蛙が岸際に大量発生している時は、絶対と言っていいほど蛙パターンなくせしてね。オタマは不人気なのかね??
オタマは可愛いのにね(笑)
季節柄、オタマが大量発生する時は、他に美味しいものがあるのかしら?

話がまとまらなくなったので、ここで豆知識。
(前にも話したかもしれませんが)
オタマジャクシがカエルに変態するタイミングは、オタマジャクシがその環境にストレスを感じた時なんです。
つまり、オタマ的に居心地がいい環境なら何年でもカエルにならずオタマの姿のままらしいですよ。
因みに全種類のオタマに言えるかは知りません。
たしか数年前にまともな科学雑誌で読んだネタです


というわけで、ゴビーカラーと言っても縦ストライプ系の亜種として、ルアーシルエットを少し目立たせる程度で、あくまで小魚という前提で制作してみようと思います。オタマのように全体的に黒っぽいカラーはどうも信用ならないという考えのもとに。

ビッグランチ補充販売 


IMG_4607.jpg 

ビッグランチ 

鉄板2色をヤフオクにて出品しました

ブラックバス(ラージマウス)カラーと
ブルーギル(♂)カラー

よろしくお願いいたします!










釣果報告!!takedaさん まろ(WW改)


以下:takedaさん

まろ で45ゲットしました。

151008_162221.jpg 

今日はそのほかピンクのランチで結構釣れました。
あとミニランチで爆釣しましたが、釣りすぎてボロボロになりました。
壊れてからも釣れ続きました。
ミニランチ恐るべし!!



以下:Okabass
お~!!(゚д゚)!
最近は雷魚釣りに浮気をしていた人が雷魚のシーズンオフになって帰ってきた(笑)


いいな~   
マロ(WW改)での良型一匹~!


しかも、体格もボッテリな文句なしのファットバス!!


しかもしかも数釣りも展開とな!?
私もWW改使わなきゃですね(;´∀`)
釣果報告ありがとうございます!

新生ミニランチ ボディー完成!


ミニランチのシリコン型が完成したので、とりあえず一発撃ってみた。
コイツを連れて早速スイムテストをしてみたのだけれど、旧ミニランチのアクションもうまく再現できた。

IMG_4623.jpg

大きさが分かり易い様に1円玉と比較
上のボロボロのピンクの物体は旧ランチ
このピンクの旧ランチは塗装の失敗で塗膜がシワシワだね。
当然売り物にならなかった個体で、そんな失敗作で私の普段の釣行は行われることが多いのだが
このピンクのミニランチだけで、軽く100匹は釣ったと思う。
ルアーボディーが小さいと当然フックも小型で軽量なので、フックサークル付近の傷は少ないもんなんだよね。
旧ミニランチはウレタンでトップコート吹いたので塗装が弱かったですが、今回はセルロースで仕上げるので
塗装強度もあがりますし、水馴染みもよくなりますよ!

IMG_4623b.jpg
この新生ミニランチは未塗装状態です。
未塗装をお見せするのは(恒例)、気が引けるのだが(;´∀`)
これに塗装を乗っけてやると、相当な見栄えになると思う。

これからミニランチ専用のウエイトの鋳造型の作成作業と
塗装の時に使うパターン(テンプレート型)も制作していかなきゃね



今考えているカラーパターンは、赤ちゃんバスカラー
バス以外でもボディー中央を横断する黒いラインって、思いの外多くの小型魚に入ってますよね
このボディーサイズのルアーに黒のラインは期待が持てる。

あと、このサイズで試したいカラーは赤金かな。
赤金はルアーサイズが小さければ小さいほど効果が上がっていく気がするんだよね。

うん!わかってる!!もちろんピンクもね(ビッグランチ風な最強ピンクパターンで作りますとも!!)


とは言え、なにせ小さいからね。
ミニランチ関連の作業をすると集中力がゴンガソンに削られていくよね(笑)

ミニランチ 完成品に向けての改変点


今日、2型式シリコン型の反面を取り終えたミニランチ
作業は引き続けられもう反面のシリコンを流し込む前の画像です。

IMG_4617.jpg

今回のミニランチは上手く行けばミニランチの真の完成となる予定でいます。
今後手を加えることの無い完全なる完成に向けての変更点の最重要点は、強度です。

もともと私が作る発泡性ルアーは、樹脂ボディーの強度に堅牢さがあり、ボディーがポロポロと削れることはありません。
もしもミスキャストでプラルアーなら割れる程度の強さでコンクリートにぶつけたならば塗装が割れたり剥がれたりはしますし、ボディーが凹みはするもののボディーが折れるということはありません。
ダメージを負ってもルアーアクションに影響するような劣化は起こらず、長く使えるルアーです。
しかしこのミニランチは小さなボディーですから体積自体がとても少ないので、リップ周りの支持力が弱いという弱点を抱えていました。
その弱点を解消すれば製品として真の完成です。
従来品のミニランチでも単に魚を釣るだけであれば、50UPのナマズを釣ってもボディー強度に問題ありませんでした(フックの強度の方が持たなかった)

なにせこのルアーは他のルアーよりも数多くの魚に出くわすことになるし、その度に魚によってのダメージも多いですからね。
魚が掛かった時、釣り人のポジションが悪ければ取り込み時にストラクチャーに絡むなどすることもあると思います。
私が言う強度UPとはその時に備えての強度UPなんです。


あとは、造形的こだわりとして見た目をリアルなスキンに変更しています。
顔の部分はおおよそ1センチ四方。その中でパテを削っては盛り削っては盛りでなかなかの顔立ちに仕上がったと思っています。

アクションに関しては従来のミニランチから変更はありません。
むしろ以前販売したミニランチのアクションこそ完璧でしたからね。
3.5センチの小さなボディーサイズで、あの時購入してくれた人のみ知っている、あのアクション。。
私の作るランチシリーズの中で唯一のHiウォブルピッチ千鳥のあのアクションを再現しようと悪戦苦闘の末
3パターン目のこのミニランチ
ミニランチのボディー型が完成したら、次に待っているのは内蔵ウエイトの鋳造型の制作です。

絶釣 ミニクランクベイト ミニランチ リターンズ!?

兄と一緒に釣行に行った場合、お互いに釣果に恵まれなく、お互いに集中力が切れ、帰りの時間まで中途半端な時間がある時に
今からできるだけ多くの魚を釣ったほうが勝ち!】というゲームをする時があります。

お互いに思い思いのルアーを使用してもその日一日 ま~ったく釣れていない時に突如として開催されるこの遊びは、なかなか熱いものがあります。





この遊びは、魚種やサイズは関係なく、出来るだけ速く多くの魚を釣った方が勝ちというルール(あまりにブルーギルが多い場合はブラックバスしかポイントに加算されない場合も) そんな時に私が使うのが、ミニランチです。
ミニランチは普段はあまり使っていません。
というのもこのミニランチは【悪魔の契約書】という異名がつくほど釣れるからです。ギルはもちろんのこと体長2センチの赤ちゃんバスからヤングバスまで釣れて釣れて釣れまくります。おおげさではなく、あまりの釣果にゲームバランスが崩れるので使用を控えているのです。
このミニランチの本来の狙いは、バスが小さな小さなベイトしか食べない時用なのですが、もちろんそのベストタイミングにミニランチを使用して40UPも確保済みなので本来の目的もきっちりと果たす『絶対釣果』の優秀なスモールクランクです。


【今からできるだけ多くの魚を釣ったほうが勝ち!】というゲームでは、私はミニランチを使用し、兄はその時持ちあわせた出来るだけ小さなルアーをハードもソフトも問わず使用します。
因みにこの遊びは、明確な勝敗を着けず、全然釣れない日だったけど、ルアーを小型化したりターゲットのサイズを変えれば魚って面白いほど釣れるよね~という話を帰路にするネタになるばかりなのですが、厳密に勝敗をつけるならば
ミニランチは一度も負けたことはありません!

関係ないけど、前にTさんと釣行をした時にもこのゲームが開催され、私はランチを使用して見事勝利し
お昼ごはんをおごってもらいました(^^)v


そんな【今からできるだけ多くの魚を釣ったほうが勝ち!】ゲームの中で、一度だけ兄が使うルアーに負けそうになった時があります。
あっ!!ちなみにこのゲームをするとその日1日かけて釣果0匹だった状況が帰りの頃には2ケタの釣果になっていますw(サイズは5~20センチの小バスが中心)

で、兄がミニランチを一度だけ脅かしたルアーの話しなんですが、この遊びを時々催してから、兄も小型ハードプラグに手をつけ始め色々な刺客を送り込んでくるのですが、市販のハードプラグではミニランチを脅かすルアーはありませんでした。(いい線いってたのがタイニータポドリーかな~?)

んで、それじゃ~ソフトでっていうことで送り込まれてきた数々の小型ソフトルアー達。。

それでもなんとか負ける事無く連勝し続けるミニランチ!


そんなある日、今までとは明確に違いを見せる釣果を上げる兄。
今度の刺客を見せろ!と、兄の使うルアーを強引に回収して見てみると、そこにあったのは

体長2センチのアシストフック付きのメバル用ワーム!!

リップ込で4センチボディーのミニランチを更に下回るサイズで更にアシストフック付きとはっ!!
これは汚い(●`ε´●)

このメバルワームが ま~釣れる! 沈めてヨシ!!巻いてヨシ!!
ミニランチはただ巻オンリーですから、点での釣りを展開されると辛い~(;´∀`)


ですが、この勝負も結局ミニランチが勝ちを収めたのですが、なぜ勝てたのか?


第一の要因は飛距離でした。
メバルワームはジグヘッドがついていたものの飛距離がせいぜい6~7mに対して、ミニランチはその倍は飛んだ。


第二の要因はメバルワームに食ってくるのはギルが多く、小バスがバイトしても乗りづらかった。
その日のゲームでは、お互い釣れに釣れたので、途中からバスがターゲットネ!というルールに変更。
ジグヘッドにアシストフック付きというシングルフック二本の設計で明確になったのが、ギルはほぼ全てアシストフックにフッキング。ルアーに対して後ろからふわ~を追いかけてきて尻尾側をパクリという図。
バスがジグヘッドのフックに掛かれば釣れるものの、アシストフックにバイトした場合はフッキングに至らないキスバイト止まり。更にバスは下からの食い上げなので上向きフックのジグヘッドではフッキングに至らなかった模様。だけどここにあるのは、ソフトルアーに対してバスもソフトなバイトをしていたという方が根本的問題なんじゃネ~の?というのが私の説。
だって、ミニランチに対してはバスのバイトはとても激しかったからね。やっぱりあの千鳥アクションがバスの殺る気スイッチを入れてるのか??
因みにミニランチの場合は、バスは全てフロントフックにフッキング。ギルはリアフックって感じで、メバルワームと大体同じ。 


第三の要因がアシストフックが切れた
ま~それだけ釣ったから切れちゃったんだろうけど、ジグヘッドのメインフックにPEライン(おそらく)で括りられたアシストフックが切れてからはバイトはあるもののなかなか釣果には至っていませんでした。
その頃には、メバルワームが届く範囲の魚は2人で全部釣っちゃったんだけどね^(#`∀´)_Ψ


で!で!
結局は、釣りに行ったら~なんだかんだでお魚ちゃんの顔は一回は見ときたいから、絶対釣果のミニランチに磨きをかけて、完全なるミニランチを目指して製作中です

IMG_4614.jpg

ボディースキンを中心にグレードアップを施してあります。

しかし、このミニランチ。。私が作る千鳥ルアーシリーズの中でも屈指のシビアな設計でして、なかなか上手く作れません(;´∀`)
この写真の原型で3パターン目。。

少しでもボディーを削り過ぎると(1ミリ単位で削り過ぎたり、肉厚になると)動かなくなるワガママボディーに悩ませれています。。
小さいボディーのルアーはホントにシビアで厄介です。
でも、このルアーは間違い無い釣果を上げる恐ろしい子なので、なんとかモノにしようと格闘中です。

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッシュアロー モーターシャッド
価格:2722円(税込、送料別) (2017/6/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル コサジ JACKALL COSAJI 【メール便可】
価格:680円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ BOMBADA TOBIKICHI
価格:7290円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)