本日 夜10時から ロウナス販売スタート! 販売数変更のお知らせ

本日 1月30日(土) 夜10時から
ロウナス4色の販売を予定しております



数量の変更があります。
今回販売するカラーと数量はこちら↓です

ロウナス ピンクⅡ ×3   1個
ロウナス レッドクロー ×3  2個
ロウナス プレデター ×5  3個
ロウナス ホワイトシルバーシャッド ×4  
2個


ロウナス各色 3500円


YL Shopからご購入のお客様を優先しますので、ヤフオク出品前に在庫が減っていく次第です。





1月30日(土) 夜10時は以下の商品名をヤフオクで検索して頂くか
私のヤフオク・ブースにお越しください
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/booth/yopc0806

千鳥ミノー ロウナス プレデター byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス ホワイトシルバーシャッド byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス レッドクロー byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス ピンクⅡ byOkabass 



YL shopからも駆け込み先行購入していただけますが、ヤフオク出品時間の3時間前までにメールを下さいね
(^_^)
それでは、よろしくお願い致します!

1月30日(土) 夜10時から 新色ロウナス販売スタート!




1月30日(土) 夜10時から
ロウナス4色の販売スタート致します!

急ですいません m(_ _)m



今回販売するカラーと数量はこちら↓です

ロウナス ピンクⅡ ×3
ロウナス レッドクロー ×3
ロウナス プレデター ×5
ロウナス ホワイトシルバーシャッド ×4


ロウナス各色 3500円


ちょっとは多めに作っていたのですが、YL Shop の方から先行でご注文を頂いた分を差し引くとやっぱり少量販売になってしまいました




今回販売するカラーの特徴を少しだけ(^_^)

IMG_4993.jpg
ピンクⅡ
私が作ってきたピンクの進化版!
ピンクカラーはもっとピンクにこだわれば進化を遂げる。
私的チャートカラーNo.1です
千鳥のアクションを目視で楽しめる!ストラクチャーをタイトに攻める展開にも必須な視認性をガッチリ確保!
そして、私のプライベートでの釣行は今後このカラーを多用することになりますね(笑)
私の作るルアーのアクションには、ピンクという色がこの上なく相性が良いのかもしれません。






IMG_4997.jpg
ホワイトシルバーシャッド
白系カラーのナチュラルを目指したカラーです。
ナチュラルにも色んな意味合いがありますが、このカラーは実際の小魚が持つライブ感。生命感。の再現という意味でのナチュラルさが特徴です。他カラーと同じ巻速度、アクションでもタルさを感じさせない!生命感に溢れるアクションをみせます!






IMG_5002.jpg
プレデター 
キングオブカウンターだと思います。マニアックかつ地味なカラーではありますが、現場で持っている心強さはスゴイです。気温や水温は悪く無い状態での沈黙ってありますよね?そんな時私は水が悪いのかな~なんて思ったりすることが多いのですが、プレデターカラーで沈黙を打破したことが何度もあります。ルアーの色って意味あるの?って半信半疑だった私にカラーは釣果なりという明確な答えを教えてくれたのがプレデターカラーでした。誰がこのカラーの元祖を作ったのかは知りませんが、天才かよっ!って思います。
これは大きな声で言えない話ですが、誰も釣れていない状況で自分だけ飛び抜けた釣果を上げたい人はお試し下さい。






IMG_5000.jpg
レッドクロー 
定番とも言えるレッドクローの背中に秘伝のタレを塗ったザリカラーです。
使われ続けるベーシックなレッドクローの持ち味を崩すこと無くプラスアルファーしたのがこのカラー。
秘伝のタレを塗っておくメリットとしてはザリパターン以外のタイミングにもあります。
例えば夏場の水草が多い時期の水草際。水中が暗めの中でのウィードトップ。シェード撃ち。
赤特有の水深変化による黒効果への転化、そのタイミングからこのバックに吹いたカラーが仕事をする、もう一味旨味が出るのがこのザリカラーです。その効果をより引き出すためにサイドの赤や腹側のオレンジは黒に転化しやすいカラーを塗装しています。







当日は以下の商品名をヤフオクで検索して頂くか
私のヤフオク・ブースにお越しください
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/booth/yopc0806

千鳥ミノー ロウナス プレデター byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス ホワイトシルバーシャッド byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス レッドクロー byOkabass 
千鳥ミノー ロウナス ピンクⅡ byOkabass 



というわけで
1月30日(土) 夜10時から
販売をスタートしますのでよろしくお願い致します!








今月中にロウナス新色4カラー 販売致します!

ども。
ちょっとした仕事で銀座に行ってたんでブログ更新遅れてました(;´∀`)

東京土産は

ヘリンのフラットフィッシュ F7


蓄光カラーです



東京と言えば、ヘリンですもね?(?_?)

時間の無い中でコレだ!!っと選んだのがこのルアーでした。。
他にもフラットやらラウンドやらのクランクが沢山あったような気がするけど、結局私はこういうルアーが好きなんでしょうな~

というわけで、近々ロウナスの新色カラー 4色を販売するために準備開始です!
今月中には販売致しますのでよろしくお願い致します!



久しぶりの 【改】

通りまくりさんからメールでレビューを頂いて、相変わらずなヤンチャぶりに思わず記事にさせていただきました。
ありがとうございました。
ご本人からは、釣果報告では無くあくまでルアーのレビューだけど記事にするの?とのこと。

1月の水路に何の躊躇もなく突っ込む男は記事になります!
頂いた連絡は、記事にしたもの以外もあり、その中から私が勝手に抜粋したものを記事にしたので話の流れやこんなルアーも欲しいという内容も含まれていて、わかりづらかった記事だったと思いますが、頂いたその他の細々としたレビュー内容は秘密です。今後の制作に関わる内容満載だったとだけ言っておきます。

それと、フラットサイドクランク【エラー】の記事が少ないけど、あれもランチに負けず劣らずのルアーですよ?とのご意見も頂きました。そういや、私はエラーのネタ全然上げてませんね(;´∀`)
エラーと並んでL2を取り上げた記事も少ないですが、通りまくりさん曰く、このルアーも良い千鳥クランクじゃね~か。とのことでした。


L2は 【ランチ2】 として制作したルアーで、千鳥の安定性と飛距離の問題を解決しようというのがコンセプトです。
極度の千鳥中毒の私は、不安定さも含んでいるけど、より千鳥味の強いルアーばかりチョイスしているようでL2の出番も少なめなんですよね。
ですが、L2の千鳥も世間的には強烈と言える千鳥なんですよね。
なんで最近使ってなかったんだろうか?

未塗装のL2ボディーは、在庫があるので近々新色を制作しようと思います。










さて前々回。急に取り上げたビッグバドの話ですが、あれは何だったのか?
とりあえず、その後のビッグバドの様子を御覧ください。

IMG_4969.jpg



以前私はこのブログ内で、ビッグバドを私にイジらせたらスゴイのが作れんじゃね~の?的な妄言をしました。
それを実現しようと思っています。

千鳥×ノイジー 
がコンセプト

ビッグバド改を作ってみようと思います。

ビッグバドは元々微千鳥をするノイジークランクですが、千鳥研究家の私から見るとこのルアー、もっとチドらすことが出来ると思います。

想像してみてください
ノンチャター質で大きな千鳥アクションとノイジープラグでもトップクラスのビッグバドの効果が合わさった姿を。
ボディーを強烈に打つブレードとワイドな千鳥アクションが合わさるとどんなトリッキーな動きになるのか。
そしてどんな釣果をもたらすのか。

(合わさるって、北海道弁??)



・・・・私にも想像がつきません。
今のところ私の想像が追いついている範囲としては、ブレードなしの状態でBBをどれ位チドらせることが出来るのか、です。
そして、私の千鳥アクションを付与することで、BBは2種類に分岐しそうな予感がしています。
1つは、従来通りの使用感を残した、水面での爆音ノイジータイプ
2つめは、ダイビングノイジータイプ(イメージとしてはビッグランチにBBのノイジー効果を乗せたルアー)


私は内心、2つめのダイビングノイジーに、いまだかつて無い釣果を夢見ています(笑)



兎にも角にも、作ってみないとわからないことばかりだということで
ウィグルワート改に続く久しぶりの【改】ルアー制作企画がおもむろにスタートです!



帰ってきた暴れん坊!!通りまくりさんレビュー

以下:通りまくりさん


こんにちは。通りまくりです。
今日はルアーの動きや使い方を確かめる為に●●クリアー皿池・■■川中流域・▲▲用水路と3パターンの場所へ行きました。まず、池ではどのルアーも大変使いやすかったです。(ロウナス・L2・WW改・ビッグランチ)
次に、■■川中流域は川幅25mくらい?足元で水深30cm流芯でも恐らく水深1m30cmぐらい?とにかく浅いです。


 
01172


今日は流れがなかったですが、普段は流れの力で7gスプーンをドリフトさせてニゴイとかウグイを狙うような場所です。ロウナスは一定を超える抵抗をリ ップが受けるとアクションに失敗しますので、速い流れを受けつつ更にリーリングして…というのは厳しいかな、と思います。ランチがL2になって小粒なまま安定性を増したように、ロウナスも安定性を上げて飛距離と流れの中での釣りにも対応…って難しいですよね。ニゴイとか本流・河川型管理釣り場などでも使いたいな…と。バスだけというのが勿体なくて。



最後に▲▲のクリークに行きました。▲▲のクリークで先週57cm?が出たそうです。
先行者の方も50ぐらいの見つけたと言ってました。
水深は60cm~80cmぐらいかなぁ?ロウナス巻いてガンガン底 にぶつけましたがロストなし。
リップが広いせいでしょうか、根掛かり回避率はかなり高いですね。
短い距離でしっかりアクションしてくれるから川幅10m無いようなクリークでもロウナスは有効だと思います。
竿先上げてリトリーブ速度調整すれば底も切れるし、使い勝手は良かったです。

次に▲▲の用水路
0117 
ここでロウナスが根掛かりしました!!糸もプッツン!
これはルアーの障害物回避性能の問題ではなく、流芯に沈んでいたヒモに引っ掛かったのです。
▲▲のメジャーポイントとかも浅い上に農業肥料の袋がよく沈んでますし
こればっかりはクランクじゃどうしようもないです。
唯一の回避する方法はルアーを潜らせないことかなと。
ロナウスは何とか救出しましたが

救出0117 


周りのバサーとおばあちゃん達の視線が痛かったです。
▲▲の流芯は水深1.4mほどで、水温は足指の感覚がなくなる程度でした。





行くよそこへ・ひとっ跳びで・

目指す流芯・ボクは龍神・

ようやく掴んだロナウス・YOボク疲れたOh,Yes・

戻る地上・目指す頂上・気分上々・周り嘲笑・S!O!S!





もしいずれミニロウナスを開発して頂けるようでしたら、ミニランチと役割が被らずお互いの不得意を補完し合えるといいなぁ。
ミニランチ3.5cmは小規模管理釣り場・小規模渓流では良い仕事をしてくれました!
倉敷川上流でも上級者達がベイトフィネスしてる横で連発したこともありましたし
ミニランチの届く距離ならミニランチで良いかなぁと思います。
それくらいよく釣れるルアーですし。
逆に本流や大型管理釣り場、下流でのルアー釣り、海でのライトゲームには飛距離がどうしても不足しました。
(リップ含まず)5cmミノーで小型のフィッシュイーターは十分釣れますし、
ロウナスが一般的なミノーよりヘッドが大きいことを考慮して…4.5cm…できればもうちょっと小さく…いやでも飛距離が…
という難しい所ですw
ほんとは4cm少々のボディで、素材の比重とかウェイト調整でミニランチより飛距離をグッと伸ばせると最高なんですが
全く千鳥らなくなってしまっては意味がないですしね~
北海道でニジマスを釣っておられたOkabassさんの経験で、ベストと思われる所でバランスとって頂ければ…という所です。


ビッグバドを買った。 



IMG_4941.jpg



久しぶりにビッグバドを買いました。


IMG_4942.jpg 

ふむふむ
何やらリグ周りは仕様が変わったようですね~
(こ汚いレッドヘッドは私の愛用品です。必要最低限はイジっています。)

ねじ込みヒートン仕様か。
フロントフックは旧埋め込みヒートン方式よりも、フックが延長できるからこっちの方がいいのかもね。



IMG_4944.jpg

ノイジーを変調させるリグ周り
オリジナルは中心ど真ん中のセッティングだったっけな? カンッカンッ 音
私のはやや上付きにして キャロン キャロン 音
現行もこのセッティングだね

ここはユーザーの好みが最も分かれる部分で面白いですよね~






そして

IMG_4946.jpg

おもむろに全てのリグとシールを剥がす。





IMG_4948.jpg 

データをとったら


さぁ~~~~~ 始めようかっ!





ロウナス 新色 スイムテスト 完了

よし!OKだ!!
新色のロウナス スイムテスト完了です。

IMG_20160116_153955.jpg





今回制作したカラーのリトリーブ時の感想を。


まずは、ピンクⅡですが
視認性が高くロウナスの複雑怪奇なスイムアクションが実感できてやっぱピンクは良いな~と。



次にプレデターカラー
今回のプレデターは初期の頃を思い出しバックの緑をなるべく腹側まで下げていたのですが、大成功(^_^)
アクションの度に少しチラつくオレンジが、このカラーで良い思いをした日を想起させます。


レッドクローは、バックに吹いた例のカラーが、思惑通りの効果を発揮。
水上で見る印象と水中で見るバックのカラーの印象は、やはり違っていて水中で怪しくぼんやりと発色しています。


ホワイトシルバーシャッドはBPチャートカラーと背中のカラー構成が似ているので、巻いた時も似た感覚を憶えます。
シャキッとした印象のスイムは、小魚のリアルなスイムを最も再現しているカラーだと思います。
ロウナス初めて使用する人が、このカラーを最初に使用したら、ランダムな動きをしていることをあまり実感できないかもしれません。
ですが、視認できていないだけでアクションはお墨付きです。
不思議だな~と思うのは作者である私でも、このカラーを巻くと他のカラーよりもリトリーブ速度が早くなっているかな?と錯覚してしまいます。

目視でルアーのアクションの全貌を確認できるピンクと、ホワイトシルバーシャッドを比べると尚のことです。ま~錯視と変な感覚の話は置いといて、サイドの白の印象や反射効果は狙い通り!このカラーは・・・レギュラーで制作していくかもしれません。
ホワイトシルバーシャッドはルアーカラーにリアル志向を強く求める人には是非!!
時折ギラっギラッと水中で銀鱗を反射させる様は、生きた小魚そのもののように目でとらえることは難しい。












というわけで、今回のカラーの販売は近日中に行う予定です。いつものようにヤフオクで。
写真にあるような数量ですので、確実な確保をご希望の方はコチラからご連絡下さい。

YLタイトル
http://yllimitedshot.blog.fc2.com/
ヤフオク販売前でも予約・購入が可能です。




このブログも気づけばそれなりな月日を重ね、記事やカテゴリーがゴチャゴチャしてきているので整理整頓、清書するつもりで新たに作ったブログです。(作りかけです)まだ記事という記事も無く制作したルアーを載せ始めている段階ですが、ご購入に関しての事は記載しているので、ご覧頂ければと思います。よろしくお願いします。

ロウナス 新色 ピンクⅡ


私の最も愛するカラー【ピンク】
おそらく年間の8割をピンクで通すピンカーたる私ですが、ブラッシュアップし続けている自らのピンクを更に改良しました!

まずはご覧いただこう!
IMG_4927.jpg


ふぇ?どこが変わったかっって? 
全然変わってないって??

いえね~、今まで作ってきたピンクも相当洗練されたものですから、そうそう大きな変更なんてあるわけ無いじゃないのよ(笑)

ま~ま~聞いてちょうだい
今回の改良の最大のポイントはここ

IMG_4931.jpg

側面のシルバーを、新たに発見したカラー(カラー名は教えません!)に変更したんです。
このカラーはピンク。【ピンク】だって言ってんだから側面もピンクに出来るだけ近づける!
これはケースバイケースですが、一つのルアーカラーに他のカラーの要素が入っているということは、一口で2度美味しいと思うかもしれないけど
逆に言うと、本来そのカラーのもっている魅力が2倍に薄められているという場合もありますからね。



一見メタルピンクとも思えるカラーですが、そうじゃ無いんです。
こんな色は作れそうだって??
絵画でもプラモでもそうですが、混色を甘く見ちゃいけません!混色。色を混ぜるという行為は色の発色を考えるなら最大3色まで。
これは憶えておいて損は無しです。
特にメタリックな要素がある場合は、なるべく混色は避けるべし。

この側面のピンクは、もちろん単色 混ぜ物無しです。
反射の強さや明度。彩度。そして、セルロースとの相性。
良いカラーを見つける事ができました。

ここまで書いて思ったのですが・・・・なんか・・・マニアック過ぎて誰もこの情報は欲してい無さそうなんで・・・・や~めた(笑)
この改良には他にも色々とあるんだけどヒ~ミツ~(笑)


IMG_4930.jpg

腹側も少し手を入れて、白+ピンク+例の反射力のあるホワイトパール



IMG_4929.jpg 
背中は私が認める中で最も濃くしたピンクに。
ランチよりも飛距離が出る、そして潜行力がある分の調整です。



今回の改良は、ロウナスのアクションへのピンクカラーのマッチングってわけです。
私はこのピンクⅡに満足であ~る。

ロウナス 新色 プレデターカラー

IMG_4917.jpg



一元様は、まずチョイスしないカラーですね。
ですが、初期ランチシリーズからず~~~っと制作し続けているカラーでもあります。
私のこのカラーとの出会いは、激渋東京近郊バスフィッシング時でしたっけね~。このカラーでトラウトもやってましたっけ。
このカラーに味をしめた私は投げまくっていました(笑)

IMG_4918.jpg 




世間ではピンクカラーのファンは少ないとされていますが、プレデターカラーファンの方が希少です(笑)
コアなカラーですが、このカラーの釣果を知っているコアな人の為に作りました。
有色のマジックを体感できるカラーですね。


IMG_4919.jpg 

このカラーは、これ以上改良の余地の無いカラーなんで、いつもと同じ感じです(笑)
パールやメタリックを使用してオリジナリティーを出す必要性は無い!!むしろ変にイジったら知ってる人に怒られそうだしね~
作っている側はオリジナリティー要素を出したいものですが、手を入れちゃイカンカラーもあるんだと私は思います。

ロウナス 新色 ホワイトシルバーシャッド

IMG_4925.jpg


ロウナスの白系カラーです!

このカラーは白ベースにシルバー要素(反射要素)も取り入れたカラーです。
白の上に反射力が強力なパールを吹いていあります。
背中にかけてはブルーを下地にし、その上にピリッとしたシルバーを薄く吹いてあります。

とにかく偏光性が強いカラーリングですので写真を撮るのも一苦労です。加えてロウナスの五角形わがままボディーが素直に撮影されることを許さない!






例えば、まずは一枚
IMG_4920.jpg 



ルアーの角度と光源の位置を動かさずに、ちょっと失礼してルアーの上部に手を置くと・・・
IMG_4921.jpg

これね、影が出来たから黒くなったのでは無いんです。




IMG_4922.jpg 
背中に吹かれた黒があらわになったんです。
黒のキワにはシルバーを薄~く吹いているのです。
ルアーの角度の変化に応じて、下地のブルーもハッキリ見えたり、全く見えなくなったりします。

写真でさえこのカラーを再現することは難しいということだけが伝わってしまうと困るのですが(;´∀`)
ま~撮影が難しいのは事実です。。。


このカラーの意図としましては
白の魅力である、どんな角度でも絶えずアピールする力をそのままに、シルバーのみを吹きっぱなしたカラーとはまるで違う反射効果を付与させたかったんです。このカラーからはシャイニーな雰囲気を感じるかもしれませんが、実際は白系カラーの雰囲気の方を強く残しています。
猛烈に集中して、多種塗料を重ねて作っていったカラーなので、もう一回作れるかが微妙ですね。。。





IMG_4923.jpg
アゴにはライトな蛍光オレンジを塗装し、その上からこれまた強力なパールを吹いていあります。
なのでドギツイ蛍光な印象は与えることなく、膨張力のある蛍光オレンジになっております。
この写真でもギラついて見えていますが、実際はもうちょい白っぽいイメージです。
今回使ったこのパールがクセモノで、白っぽく反射するパールなんです。
白の上にこのパールを吹いたのはアタリだったと思います。

白を吹きっぱなしの The白 も私は好きですが、今回のロウナスの白系カラー第一弾はホワイト×シルバーシャッドというカラーにしてみました。







新色 ロウナス レッドクロー



IMG_4915.jpg

メインカラーは、彩度の高い赤。オレンジにも見えるかもしれませんが、使用している塗料は赤です。

IMG_4912.jpg 




IMG_4913.jpg
腹側に吹かれているのがオレンジです。このオレンジは山吹色に近い混色したオレンジで、若干の蛍光オレンジも配合していますが落ち着いたトーンです。





IMG_4914.jpg 
このレッドクローカラー最大の特徴であり、最大の武器であるバックカラー
一見ただの茶色に見えますよね?実際には茶色は一切使用していません!
まず、普通の黒を塗装して、その上から秘伝のタレ(とあるクリアーカラー)を塗装するとこんな風になるんです。
このバックカラーは、ウィードトップを引く時やウィードに突っ込んだ時、またボトムの沈殿物を巻き上げ濁らせた時。
水中で、ある程度深度が出てきてサイドの赤が黒に近い色味に見える状況になった時に、茶色ではなくなります。

光り出すのです。

反射とも違った理由で光るので、ギラつくのではなく、ルアーの存在をアピールするように違和感のある光を放ちます。
俗に言うケイムラ効果に近いですが、純粋なケイムラ関連の商品ではないのでまたちょっと違った紫外線発光効果が得られるのです。
WW改で実証済みの効果をロウナスに移植したかったのです。
なぜ、背中を光らすことにメリットがあることのなのかは・・・・ご想像下さい。

ロウナス 新色制作中

ロウナスの更なる新色へ向け、準備しています!


IMG_4898.jpg 
塗装前の洗浄中のロウナスボディーの図
削りカスや油脂を飛ばす目的です




今回は新たに4色制作する予定です。

春先に向けてのザリカラーも計画しています( ̄ー ̄)ニヤリ
ランチでは、、、ん~、、、、確かザリカラーを販売していなかったと思いますが、ロウナスは潜行力があるのでムフフな使い方ができると思い販売用のザリカラーを制作することに。
最近は背中をブルーパールにするのが流行っているみたいですが、今回制作するロウナスザリカラーは、WW改の時に使った秘密のタレを使って一見背中は茶色に見えるが・・・・実は!!ッな仕様にします。

あとは~ お馴染みのマジックカラーなプレデターも作ります。

そして、スゲーシロの後継系ホワイトシャッドも作っちゃおうと。

更に、私の最も愛するカラーであるピンク
あのピンクを更に進化させてみようと思っていますよ!!


ビッグロウナス(仮称)プロジェクト


2015年5月にBigLunchが完成し、まだまる一年も経っていませんが、私の釣行の幅を大きく変えてくれました。
ビッグランチがもたらしたのは、飛距離と更なる千鳥アクション。そしてビッグバスの釣果。
それまで5センチボディーのLunchでは、デカバスが食ってくるのはほぼ運任せでしたが、ビッグランチはデカバスを狙って釣ることを可能にしてくれました。

そして
2015年末に、遂に千鳥ミノーロウナスが完成しました。ロウナスのアクションはランチシリーズのアクション質ともまた違いのあるものです。
お客様にロウナスを2016年からじっくりと使い込んでいってもらえると思うと実に嬉しく思っております。
このロウナスの完成は納得のいく出来栄えでした。
しかし、まだやり残した感があるのです。。。

それは、ロウナスの大型化です。

潜行力と更なるランダム質アクションを獲得した千鳥ルアーロウナスを大型化すれば・・・
ビッグランチよりも飛距離を出し。
ビッグランチよりも深場を。

釣り人とはなんて欲深い生き物なのでしょうか。
ですが、人の狩猟本能を満たす遊びである釣りとは、またそんなものなのかもしれませんね。



というわけでここに、ビッグロウナス(仮称)プロジェクトの開始を発表します!

IMG_4891.jpg

このビッグロウナス(仮称)が完成すれば、ノンチャター質千鳥ルアーとして最大サイズのものとなります。
と同時にビッグロウナス(仮称)以上の大きさの千鳥ルアーを今後私は作らないと思います。
理由はいくつかあるのですが、私の作るルアーアクションとソレを最大限活かせる大きさ。相性といったものが主な理由です。

さてこのビッグロウナス(仮称)の気になる実寸ですが、リップを除いた全長 約12cm
重さは・・・おそらく30gを超えるかと。

因みにビッグランチは 全長9センチ 重さが約24g


2016年!事はもう始まっている!!


(オゴソカナ雰囲気で...)



ぉえ~ 新年・・・


あけましてぇ・・


おめでとうございますぅぅぅ~
(現在1月7日)







姉さん。。。
新年一発目のBlog記事は
一回予約をすっぽかした歯医者通いの如く、気まずいわけで。。。

明日更新すればいいやと
ずるずると持ち越しに次ぐ持ち越しで。とっくに1月も7日なわけで。。。。



だが、事はもう始まっているのです!!
「子供もとっくに食い終わっているでしょうが~!」


IMG_4889.jpg 


本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m 

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッシュアロー モーターシャッド
価格:2722円(税込、送料別) (2017/6/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル コサジ JACKALL COSAJI 【メール便可】
価格:680円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ BOMBADA TOBIKICHI
価格:7290円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)