川ランチ 出品しました



遅くなりましたが、川ランチをヤフオクにて出品致しました!
今回出品した商品タイトル・カラーは以下のとおりです。

川ランチ 水路スプーン 銀 byOkabass 
川ランチ 水路スプーン 銀×オレンジ byOkabass 
川ランチ 水路スプーン 金 byOkabass 
川ランチ 水路スプーン 金×オレンジ byOkabass 

各900円

銀×オレンジ 2個
金×オレンジ 2個
カラーシリーズは生産数が少ないです(;´∀`)

今回のフックは強化版を付属しますが、もし前回の川ランチに付属していたバーブレスフックの方が良ければ
落札後に連絡頂ければ対応致します。

という訳で、ご興味ありましたら宜しくお願い致します。

動画 里山の水路散策 観て釣って【水路でルアーフィシッング】【水生植物】【ゆっくり】クリークス#10



渓流や沢もいいけども、石組みから仄かに香る人里に、魅力を感じるのです。

今回の一句
里山の 古石(こせき)をなめる 若き水(わかきみず)


川ランチのフック と テスト

R0017006.jpg
川ランチのフックが出来ました。ルアーの動きを出来るだけ自由にしたいのでスイミングフック的な格好の針が川ランチには向いているのですが、その長さや組糸の緊張感・フックの大きさ等々、川ランチのアクションを引き出した上にフッキング率を向上させるには色々と制約があります。




R0017009.jpg
前回販売分は、画像左のバーブレスフックを装着させていたのですが、50センチ以上の魚、それも泳力がある川魚で更にそこに加算される流れの重み。。。針に負荷がかかるような釣りだと、どうしてもフックが曲がってしまう。フッキング率は抜群だが、強度が足りない。もっと小物をターゲットにするのなら良いが・・・。
というわけで、魚のパワーに合わせてもっと太軸のものに変更。
バランスの良いフォルムで色々な魚に対応する伊勢尼フックにします。
バーブレスのフックはへら用でダムの深タナに潜む大物を狙う時に使うものでした。
真ん中のものは組糸も自作です。このフックもまた良い!
今回のフック強化は組糸とハリ両方に施しました。
瞬着でガッチリ固定の上に、エポキシコートでラインの摩耗も防止しました。心配症は仕事が増えますw
その際に、組糸のフックアイに瞬着が染み込んで余計な張りができているものもあって、ルアーにフックが絡むという場合があります。そんな時はルアーとフックをしっかり持って、グニャグニャと揉むような感じでフックアイの組糸を少しほぐしてやって下さい。



魚目線ではこんな感じに見えるはず。
R0017008.jpg
組糸のエッジのピンクも誘いのギミックに利用すべく玉にしてみました。



という訳で、
川ランチの新色の試し釣りも兼ねて
フックの試釣も兼ねて
久しぶりにオールドスピニングリール/ミッチェル304での釣りも合間っての
徒歩で近所の水路釣りへ

R0016993.jpg 
川ランチ 金×オレンジ


ニゴイはとても気分屋ですから、効果を発揮する要素も随時変化します。
そんなニゴイへのアプローチで私的チェック項目はいくつかあるのですが、最たるものは【ニゴイが逃げないかどうか】ニゴイが逃げるようならマッチしていない。
R0016995.jpg



カラーの効果によって釣れたのかどうかのはっきりとした判断は付けようが無いですが、兎に角ニゴイが逃げ出さないかをチェックしながら、見える魚は全部釣っていきます。
R0016990.jpg 




R0016986.jpg
川ランチ 金×ピンク
(なんだよ!ピンクもイケてんじゃん)
R0016985.jpg


そういえば私の釣りでは、金の川ランチばかり使っていることにお気づきでしょうか?
何故かというと、単純明快!私が釣りをしている近隣のニゴイ達は、金に好反応だからです。金を使った場合と銀を使った場合では釣果は全然変わってきます。金と銀ではアクション質も多少違うのですが、それよりも色味が関係していると思われます。ニゴイと言えどもルアーカラーへの反応は明確に出ます。
因みに私の多摩川時代のニゴイ釣果は、銀のスプーンが絶好調でした。その場所によって、また季節によって好調な色調は変化するのも他の魚と同じですね。




日が傾き、羽虫のハッチと共に小さな魚たちのライズが始まったので、只今絶賛勉強中のポッパーを試していると
R0017003.jpg 
家にあった適当なポッパーを使っての一匹。(多分、拾った安物ポッパーかな?)
流れの中では片側に偏ったアクションを見せるポッパーでしたが、川や水路でも綺麗なドッグウォークができるポッパーを探しているんだけどね。詳しい人教えてくださいm(_ _)m

ジッターバグでもチビ鯰が来た。
R0017005.jpg
夕暮れの鯰トップはそろそろシーズンインって感じかな~ 
というわけで、川ランチの販売は近日中に行いますので、宜しくお願いします!

【動画】電車直下にも程がある!?春の水路釣り【水路でルアーフィシッング】【ゆっくり】クリークス#9



水路の事で忙しくてバス釣りに全く行ってません(;´∀`)

川ランチの魅力 &新色

川ランチ準備中です。
動画クリークスシリーズでお馴染みの五目釣りクリークスプーンです。

R0016970.jpg

今回の販売予定は
無地の金 
金×オレンジ
無地の銀
銀×オレンジ

写真では、白とピンクもありますが、これは私のテスト用です。
なにせ私は白とピンクのカラーのスプーンを五目釣りで試したことが無いので。
オレンジは渓流でもクリークでも信頼のできるカラーです。確定カラーです。
塗装したものに関して私のこだわりは、塗装の面積量と配置でしょうか。

塗装の配置ですが、これは完全に今までの経験と釣果からこの配置にしました。

オレンジの塗装面積が多すぎないこと。これも重要です!
北海道でトラウトをやっていた時は濁りの入った川や深夜のダムでは、全体が蛍光レッドか蛍光オレンジのものが良かったりもしましたが、現状のターゲットとなっている魚(主にニゴイ)は無地の金でも満足できる釣果を出しているので、今回は全面塗装は見送りました。
川ランチの場合、鯰や雷魚も釣れることもあるし、コンクリ護岸にぶつけたりとなにかと塗装へのダメージは多いことが予想できるので、逆に塗装面積が少なすぎてもいけません。
因みに、ニゴイと鯰と雷魚 それと野鯉に水路を引き回されたりと、ざっと30匹位のご近所モンスターフィッシュと戦い続けているとこうなります。
R0016836.jpg R0016835.jpg R0016839.jpg
かなり歯型が付いていますが、なにせメタルですからね。全く問題ありません。これからもロストするまで使い続けられます。
メタル素材バンザイ\(^o^)/
川ランチは、フルキャストでコンクリにぶつけるとグニャッと曲がったりすることもありますが、そんな時は手で力いっぱい曲げて戻してやればいいだけですからね。真っ二つに折れたり、穴が開いたりしないって素敵です!
トップコートもこれだけ傷が入っていてもそこから剥がれることなく、金属の輝きをくすませていません。
(実はこのトップコートはセルロースなのですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

R0016841.jpg

上がトップコート無し
下がトップコート有り
同じ素材ですが使用していく中で、コート無しはここまでくすんでいきます。


あまりスプーンを使ったことが無いよ。という人も多いかと思いますので、この川ランチの強み・魅力を簡単にご説明します。


川ランチの魅力それはズバリ!

半端じゃなく効率良く水を掴み、それを大きくハイピッチなアクションに変換できる事です。

これは、止水域から低速流域。更には中速流域で釣りをする中でとても重要になってくることです。
一般的なスプーンやスピナーを使ってみて、あまり動かなかったり、アクションを出すには意外と早く巻かなければならなかったりしますよね?早く巻いて釣れる魚がターゲットなら良いのですが、ルアーに反応しても途中でチェイスを止めるケースに出くわすことは非常に多いと思います。それに流れの中での釣りはどうしても巻き白の少ない釣りになります。ならば流れの中をゆっくり巻いても良く動くルアーを使えばいいじゃないかと思うでしょ?その通りです!
ですが、そんなルアーに出会えなかったのです(私調べでは)正確には私の理想とするルアーが見つからなかったんですよね。
私が今まで一番長く使ってきたルアーはスプーンなのですが(次点はスピナー)、渓流では抜群のアクションを出すスプーンやスピナーでも、それをクリークな状況の釣りに持ち込むことができなかったのです。(まぁ当然といえば当然です、全流域対応のものなどありはしない)
特に止水域から低速流域に特化したルアーは少なく、そこをカバーするのが川ランチというわけです。
管釣り用のスプーンであれば、丁度良いものがあるかもしれませんが、スプーンというカテゴリーでは出せない魅力が川ランチにはあります。


普通スプーンは使っていてもあまり手元に感触の伝わってこないルアーなのですが、川ランチは手元にブルブルとバイブレーション質な振動が伝わってきます。元々スプーンとは違うアクション設計ですからね。(わかりやすく言うとリップの付いたスプーンです。)
しかし設計が違えどもアクションの質には、スプーンが最も釣れるアクションを発生させている時と同じ質のアクションが出るように設計してあります。しかもそのアクションをハイピッチで出せるので魚を格段に寄せるというわけです。スプーンと比較すると運動の軌道軸が違うのも面白いところです。更にはバイブレーション質で鯰も寄せられるという五目釣りには、持って来いなアクションなのです。

更に強みはありまして、ボトムに落としてチョンチョンとアクションさせる点の釣り。

そのチョンチョンのアクションの始動の良さ!使用感はメタルバイブの様。立ち上がりが良く、しっかりと手元に振動も来る。まるでボトムでヒラを打つ小魚のような演出が出来ます。この点の釣りが出来るのと出来ないのとでは、サイトでの釣りでは釣果が全く変わってきます。流れの中に居る魚は、基本的には反応が良い(早い)です。エサを見つけたら即行動しなければエサは流れて行ってしまいますからね。なので、捕食者側は流れの中で点で待っていることが多いです。点で待つ魚に点の釣りを展開できるルアーはとても強力な武器になります。

見つけた魚は必ず捕る!
これを実行するには、もう一つ重要なことがあります。それはプレッシャーをかけないことです。つまりスレさせないことです。このスレさせないという能力は、クリークスシリーズ動画内で、同じ魚にうまくフッキングするまで何度も何度も誘いをかけている場面がありますので、想像してもらいやすかと思います。何度かあまく針がかかった手応えがあった後でも、魚を掛けるまで持ち込ますことが出来ます。上でバイブレーション質と述べましたが、本来であれば強いバイブレーション質のルアーを何度も通せば川魚は逃げてしまうケースが多いです。ですがこの川ランチのバイブレーション質は、水に振動を伝えないバイブレーション質なのです。流れの中での生活に対応した魚は側線の敏感さはバスほどではないでしょうし、振動の媒体となる水も絶えず流れていますからね。ですがこのバイブレーション質にこだわることは少しでもスレさせない要因の一つになります。

このスレさせないバイブレーション質は凄く簡単な理由で、例えばメタルバイブは板が縦なのに対して、川ランチは板が横。
板図
同じく左右方向にバイブレーションする動きをみせるのですが、板が縦のものは当然周りの水に伝える振動も大きいですし、魚が横からルアーを見ると板のシルエットもハッキリ見えます。対して横の板は極力水の抵抗を受けず、また周囲に伝える振動も小さいです。それに横から見た時のシルエットもほぼ0です。ルアーはロール混じりのウォブルをハイピッチで繰り返しているので金属の連続した反射残像が魚の目に入るわけです。

ミノーやスモラバ等のボリューム感のあるルアーを実体系というならば、スプーン等の薄い金属性のルアーは非実体系です。魚のスレづらさは非実体系に分があります。逆にアピール度は実体系のルアーに分があります。川ランチはその非実体系ボディーを活かしながらもハイピッチな反射光を起こし、ゆっくり巻いてルアーをじっくり魚に見せるという特性があるため、実体系ルアーにも負けないアピール力と非実体的なノンプレッシャーさを両立させることが出来ました。


点の釣りができると夜の水路サイトゲームでも
R0016843.jpg

 R0016846.jpg


ボトムをもぞもぞとエサ漁りする野鯉やニゴイ。勿論鯰も、口周りの感覚(ヒゲのおかげ?)は鋭敏ですから、点の釣りを展開している時の川ランチのバイブレーションアクションは魚の目の利かない夜間でも拾ってもらえるんです。
こんなところが川ランチの簡略な魅力でしょうか。




今回の川ランチは、フック強化もしようと思っていますので、お楽しみに~
R0016972.jpg

続・水路を巡る小さな旅&釣行【水路でルアーフィシッング】【ゆっくり】クリークス#8




前回に引き続き クリークスシリーズの動画です
今回の動画は前回の続編で、同じ水路を辿りました。下流域からスタートし、一気に最上流まで移動する小さな旅。水温が暖かくなってきているので、魚がジッターバグにも反応してくれたら楽しいな~と思い、トップウォーターも試しましたがノーヒットノーバイト。クリークスシリーズの為に作ったと言ってもいい川ランチは相変わらず使い勝手が良く、釣果も確定的で撮影に行って坊主は無いので取れ高に困らない訳ですが、本音を言うと簡単な釣りになりすぎてマンネリ化(釣り手としては。)が進行中なのですが、その対策にと手持ちの小型ミノーや小型クランクベイト・スモラバでも試釣しているのですが、それらのルアーでは魚の活性がまだまだ低いのか芳しく無い結果に終わっています。

●ニゴイとスモラバの話し
ネットで【ニゴイ 釣り ルアー】と引くとスモラバが向いているという噂があったので、実は1月頃から継続して試しているのですが、私の釣り方ではニゴイが抜群に釣れる!水路でのニゴイ釣りに向いているという実感は今のところ無し。でも継続して練習しているので、どんなスモラバが向いているのか?とか、使い方と釣り方は把握しました。ま~活性が高くなればそんな些細な事を気にしなくても釣れるんでしょうけど、ニゴイは食性が逐一変化すると言ってもいいぐらいなので、手持ちのカードは増やしておきたいと思ったのですが。。。
スモラバのニゴイ釣りはボトムをチョンチョンな釣りなのですが、この釣り方自体はニゴイ釣りには最も効果的といえると思っています。これをやるにはサイト(目視しながら)の釣りになります。目視しながらなので尚更判明したのは、スモラバをニゴイがモフッと咥えにいった瞬間に疑似餌とバレて逃げるという現象が多発するということ。ルアーが完全に嫌われるんです。(勿論この話はニゴイが年間を通して最低活性時のことですよ。)運がよければそのまま咥えるのですが、成功率が低いんですよね。
その点、川ランチやスプーン系の非実体なルアーでのボトムチョンチョン時は、きちんと咥えこむまで行く可能性が50%、魚がうまくルアーを見つけられなくてルアーを咥え込むことが出来なくても逃げ出すことは無いので、そのままチョンチョンやっていれば、ルアーに気づいて再度口を使いに行ってくれます。
スモラバもせめて逃げ出すことさえなければ、ニゴイ釣りにおいての強力なカードになるのに。。。

しかし、スモラバというカードを捨てるにはまだ早いのです!まだ研究することはあるのです!!
もし、スモラバでのニゴイ釣りにこだわるのならば、ワームの味というのは重要なポイントになるのかもしれません。如何せんワームはニゴイ用ではなくてバス用の味付けになっているのですからね。ニゴイの口先の感覚の鋭敏さは鯉釣りに似ているのでゲーム性がグッと上がってニゴイ釣りの魅力を実感できますよ!(^_^)
因みに、対ニゴイ用のスモラバの形状・大きさ・ラバーの長さやボリュームは釣果にかなり影響しますので、スモラバを自作して遊んでいる人は是非試しに作って遊んでみて下さい!面白いですよ\(^o^)/

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッシュアロー モーターシャッド
価格:2722円(税込、送料別) (2017/6/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル コサジ JACKALL COSAJI 【メール便可】
価格:680円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンバダ トビキチ BOMBADA TOBIKICHI
価格:7290円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)