スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニランチ 製作中

絶賛製作中のミニランチ
ウエイトの型も無事に完成
画像左下に写っている塗装時に使うテンプレートは2パターン完成しました。
横ストライプの小バスや泳ぎの上手い小魚群をイメージしたテンプレート。これは鉄板とも言える万能タイプになるでしょう。


そして今回は縦ストライプのテンプレートも作成しました。
縦ストライプと言えばブルーギルですよね?ですが今回はゴビー(ハゼ)をイメージしたモノにしてみました。

ミニランチのサイズ感を活かせるベイトの種類を考えていくと、このゴビーカラーを押さえていることは重要なんです。
釣行をしていて岸際にベイトを発見し、よく観察してみるとハゼ科の稚魚がある程度の数でまとまって、チョコチョコと泳いでいる時があります。そんな時は、ルアーのサイズを下げてみるとグンと釣果が上がるという経験を何度もしています。
 そう。 そんな時こそがミニランチの出番なのです。

逆にそんな時はオリジナルランチサイズでさえも喰って来なかったりします。
まったくもって、マッチザベイトとは恐ろしいものですね。
そんなマッチザベイトのパターンを掴んだ時には、たとえ岸から10m以内でも釣れる魚のサイズはベビーバスばかりではなく、35センチ以上の釣りごたえのあるバスも混じります。岸際の逃げ場の少ない、ある意味追い込まれている状況の小さなベイトは格好の餌なんでしょうね。
さらに、このパターンは年間を通してみてみるとある特定の時期だけと断定ができなく、夏でも秋でも、ある日不意に出くわすことがあるのです。


私の遊撃釣行時は、ミニランチピンクを使うことが多く、十分に楽しめたと言えるだけの釣果があります。
しかし、この岸際に魚の意識が向かっている場合は、ピンクでは反応がかなり薄いということもありました。ピンクからナチュラル系のカラーに変えるだけで釣果が得られる。そんなことが過去数回ありました。

このマッチザベイトパターン以外でも数色のミニランチを使い分けて釣行してみた結果
小さなルアーなら何でもよく釣れるってわけにはいかなく、多くのルアーと同じく、その時々に似合ったカラーを選ぶことで釣果が出たり出なかったりします。


因みに、岸際ではオタマジャクシもよく見かける訳ですが、私はオタマジャクシをイメージしたカラーをミニランチでは作りません。
実はもうオタマカラーに関しては実験済みなんです。
青+黒のタイプと
茶+黒のタイプ 
両者共に釣果の塩梅が悪うございましたとさ~。

なんなんでしょうかね~?
バスは蛙は好物なのにオタマジャクシはあまり好きでは無いのかな?
それとも人間が岸際にオタマを見つけている時点でその池は、とうにオタマだらけで、バスは食べ飽きちゃってるのかしら?
それともオタマにはキノコみたいに大量に食べると中毒性でもあるのかね~?
だとすると、蛙の方が毒性が強そうだけどね~(ガマの類のように)
皆様もご存知の通り、大量のオタマだらけのだらけっけな野池では釣れないっていうのも、よく言う「ベイトが大量発生した場合は釣れないゾ!」的な一般常識。だからそれはなんでなの?っていうのが私は知りたいのよね。
蛙が岸際に大量発生している時は、絶対と言っていいほど蛙パターンなくせしてね。オタマは不人気なのかね??
オタマは可愛いのにね(笑)
季節柄、オタマが大量発生する時は、他に美味しいものがあるのかしら?

話がまとまらなくなったので、ここで豆知識。
(前にも話したかもしれませんが)
オタマジャクシがカエルに変態するタイミングは、オタマジャクシがその環境にストレスを感じた時なんです。
つまり、オタマ的に居心地がいい環境なら何年でもカエルにならずオタマの姿のままらしいですよ。
因みに全種類のオタマに言えるかは知りません。
たしか数年前にまともな科学雑誌で読んだネタです


というわけで、ゴビーカラーと言っても縦ストライプ系の亜種として、ルアーシルエットを少し目立たせる程度で、あくまで小魚という前提で制作してみようと思います。オタマのように全体的に黒っぽいカラーはどうも信用ならないという考えのもとに。

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オンスタックルデザイン マナティー 60mm MT−6 ハゼ
価格:680円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】デプス(deps)KONTOUR JIG-コンツアージグ-
価格:734円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイチューン Duplex DP45RS R10(ヤマメ)
価格:3024円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス K-TEN ブルーオーシャン140 #104 SHレッドヘッド
価格:2300円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デプス グルカナイフ 4.7oz deps GURKHANIFE
価格:3499円(税込、送料別) (2017/7/18時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイドジャパン ツーサイド RAID JAPAN TWO SIDE
価格:1749円(税込、送料別) (2017/7/18時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザップ PDチョッパーZAPPU P.D.CHOPPER 跳ねSP 1/2oz
価格:758円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。