新作 千鳥クランクベイト

現在製作中の新たな千鳥クランクベイト。
それと、新たなフラットサイドクランクベイト。
無事に完成致しました!

どちらも理想としたアクションを形にすることができ、とても満足のいく出来栄えです。
これも今回のセールでご支援頂いた皆様のおかげです。ありがとうございましたm(_ _)m

現在ヤフオクで絶賛値下げ中のセールですが、もうしばらく続けようと思っています。
大幅な値下げ中ですので是非この機会にお買い求め下さい。
私の製作する千鳥ルアーが初めての方でどのカラーを選べば良いかで迷っている方は、是非 金系のカラーかピンク系のカラーを選んでみて下さい。
特に釣果をお求めなら金系のカラーは外せません。私も絶対釣るマンの時はランチの金黒を必ず使います。オススメなのはゆっくりランチの金黒です。在庫残り一つですからご興味の在る方は是非お試し下さい。



ところで、新作千鳥クランクのスペックで決定した部分をご報告!

ボディーサイズ  6.2センチ
総重量    9g±0.5g
フロントフックサイズ #6
リアフックサイズ    #10
タイプ フローティング

最大潜行深度 は、毎度お迷惑お掛けしますが感覚的ではあります(ボート&魚探を使用していないので)ランチとロウナスの中間といった程度。


気になる千鳥の具合は?というと。

私としては全てにおいて妥協ないと言ってもいいです。現状の私としてはまさに理想的な形です。
水噛み性が向上したため巻スピードでの制限もほぼありせんし安定感も大幅なUP。
低速リトリーブから高速リトリーブでもチドリます。
ロッドの穂先のポジションでチドリの質感に緩急がつけられる操るチドリも実現出来ました。(ロッドを上げると激チドリなのでシャローで潜らせないで激しくチドラせるなんて芸当も)
スピードに関係無く、基本となるチドリ質もとてもアクティブなモノになりました。と共に水押し性も格段にUP。
チドリのランダム性も格段に上がりました。

本当に大雑把な書き口ですが、以上のことが現在公開できることです。




新作ルアーの現状



もう少し。


あともう少しで、いろんなことをお話できます。




R0019309.jpg


2018年1月9日の釣行と よもやま話

行ってきました!

タイトル

雪でもフラットサイドクランクでバスフィッシング 2018年1月9日



結局いつものところでの釣果となった新年度第2回目の釣行でしたが、なんとか魚をお見せすることができて一安心。今回はたくさんの池を釣り歩き、撮影していたせいで釣れる瞬間が撮影できなくてとても残念です。夏場の様に1~2投で釣れてくれるとカメラのオンオフのタイミングが図りやすいのですが、同じ場所に角度を変えながら10投位するような釣りを現在はしているので、バッテリーはミルミルと消費されていくんですよね。まして車内でくだらない撮影をしたり、水路のトンネル遊びをしてご覧なさい!肝心な部分が撮れて無いじゃない。
いつもの場所にはかなり人が入った形跡がありましたが、釣り動画を見るなんてことの要素の中には釣れる場所探しという要素も入っていて当然ですからね。特定できた人は是非同じ場所にチャレンジしてくだい。ですがワームや捨て糸等のゴミはきちんと持ち帰りましょう(当然ですが)そこのあなた。赤いミミズのようなワーム。落ちていましたよ。捨てないようにな。

関係ない方々、お目汚し失礼しました。
なぜいつも同じ池の同じ場所で釣れているかというと、あの場所を把握しているからです。基本どの池でもエラーというルアーチョイスは間違っていませんが、如何せんポイントが絞り切れないのと、エラーでは届かない程度の深場に魚が落ちていると当然釣れません。最近釣っている池はハナから小型の池であることに加え、超減水中なのでエラーが届くしポイントが絞れているから釣れるのです。


他の池で数は少ないですがアタリをもらっているポイントは大抵風があまり当たらず水面が穏やかな場所です。冬は風の強い日が多いですし、池周辺の樹木も落葉し風通しも良くなっています。水面に風が当たると水温が急激に低下するのはご承知の通り。
まぁ、風が当たっていようが深場の魚を狙う人は関係ないかもしれませんが、私はシャローレンジですからね。


それと、なんらかの水中ストラクチャーに魚は付いています、夏場のようにスクールしているかもなんて考えは捨ててしまえ!寒くて心が折れっちまうぞ!!
冬バスでもスクールっぽい雰囲気で釣れそうなのは、デカイ野鯉の群れについて回っているデカバスくらいなもんです。野鯉の群れがいたら冬はチャンスですが、ウォブンロールの強いルアーを打っても無駄だと思います。私なら迷わずランチを投げますが、お持ちでない方はワームをそっと通してやると良いかもしれません。が、基本鯉の後ろのバスは釣りづらいですよね。
それと、シャローで釣るなら時間帯も大切です。同じ場所でも時間をズラして入ってみると良いことあるかもしれません。




この時期に魚を釣る可能性を上げるなら、確実に魚が入っている小さな池に行くことと、なるべく風裏のポイント(風裏でもドシャローならそこは捨てる)池全体の中で少し深めの場所でストラクチャーやボトムに変化のあるところを打つべし!
その池の深度を3段階にわけて中程度の深度なら充分に可能性はあると思います。
最大深度が10mの池なら5mが中ですが。最大深度が2mの池なら中は1mです。コレならシャローな釣りが可能ってわけ。


冬のバス釣りの良いところは、釣れなくて当然。夏場の他の釣り人が釣れている中自分だけ釣れないよりダメージが全然ありませんw 
それと、一匹の価値が高い冬の釣りは、【釣り】に本当に集中し没頭できます。夏場の暑さ。暑さというのは人から集中力を奪います。対して冬の寒さも集中力を奪いますが、寒ければ厚着をスレば良い。ぬくぬくと全身コタツな防寒で冬場のシンと静まり返った池で釣りに集中するのは実に気持ちが良いです。
【冬場の強い光線は万物のコントラストを強め、改めて自然というシルエットの美しさを私たちに教えてくれます。】←冬に釣りに行くことをディスる奴にぶつける用のコメントを貼っておきますw





R0019256.jpg
現在開催中のセールでお買い上げ頂いた皆さん!たくさんのお買上げありがとうございましたm(_ _)m
動画の中でも使用している、ここ最近コレしか投げていないフラットサイドクランクのエラーですが、ありがたいことに完売致しました。
ありがとうございます!そしてエラー所有者様への御連絡があります。私の最近の釣行では、エラーに#6のトレブルフックを装着していますが、#8の小さなフックを装着することを推奨します。フックサイズを下げるとアクションも良くなるしフック同士の絡みも解消されます。 なぜ、私が#6フックを使用しているかというと#8のフックが手元に無いからなのだ!こないだ釣具屋さんに行った時も買うのを忘れたのだ!それと、エラーはよく動くのとランチ等に比べ発泡倍率が高く浮力の高いボディーを使用している分ダメージが入りやすいルアーです。傷が入りはじめたら傷口に瞬間接着剤をぬってやって下さい。やるとやらないとでは全然傷の広がり方が違います。硬質発泡樹脂ルアーは傷が入っても木製ルアーとは違いボディー内部に水が侵入するという理由でルアーがダメになりません。ダメージが入ってからも寿命が長いのも特徴。





R0019257.jpg
それはそうと、ルアーの在庫箱を整理していたら、ミニランチが3つ出てきましたのでヤフオクに出品しようと思います。
ミニランチはセール対象外ですので値引きはありませんがフック付きです。
セール商品と合わせて買ってもらえたらなと思っております。
セールはまだまだ続いております!なにもオフシーズンにセールをやらなくても良いかもしれませんがwこれ以上安く買えるタイミングはありませんので、是非とも新作ルアーへの足がかりとなる資金源、ご支援のほど宜しくお願い致します!



その新作ルアーのサイズ感↓  
ランチより大きくロウナスより短い。飛距離を稼ぐとともにイヤラシイサイズ感で狙う魚の数もサイズも妥協無し。そしてボリューム感あるボディーは見えないところで釣果を裏打ちする水の撹拌効果がある(ビッグランチ譲りの撹拌力)このルアーに隙無し
R0019192.jpg

<<PREV | | NEXT>>

検索フォーム



当ブログ管理人のツイッター
okabass
@LuncherOkabass

  
  

最近の記事+コメント
釣り場情報ブロマガ
当ブログ内で釣行した岡山県のバスの釣れる野池等のポイント情報を紹介しています。写真&Googleマップ付きで紹介しています。

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ
現在の潮位をチェック
月別アーカイブ
リンク
 
ナマズ ルアーフィッシング アーカイブ

↑ナマズ釣り専門ブログはコチラから↑



RSSリンクの表示
改造パーツはここで買えます
今売れているルアーは
今釣れているルアー
ここに貼ってある商品はネットで今売れているルアーのランキング上位の商品をPickupしています。時々独断と偏見でチョイスしてる商品も紹介